PR

 米Hewlett-Packard(HP)は,スウェーデンのMySQLと米JBoss Groupと提携し,両社のオープンソース・ソフトウエアをサポートすることを米国時間6月1日に発表した。

 MySQL社とJBoss社のソフトウエアが,HP社のサーバー「ProLiant」と「Integrity」で正常に動作することを認定し,技術サポートを提供する。HP社は今年1月,MySQL社,JBoss社,Apache,OpenLDAPによるオープンソース・ソフトをベースとするオープンソースLinux参照アーキテクチャと,米Oracleおよび米BEA Systemsのサーバーをベースとする商用Linux参照アーキテクチャを発表している。今回のMySQL社およびJBoss社との提携も,HP社によるLinux支援の一環となる。

 HP社Linux担当副社長のMartin Fink氏は,「オープンソース・ソフトを手掛けるJBoss社とMySQL社と協力することで,Linuxの異なる分野のユーザーにLinuxソリューションを提供できるようになる」と説明した。

 米メディア(CRN.com)によると,HP社のLinuxに関する取り組みは,Linuxを精力的に推進している米IBMへの対抗手段。IBM社は過去3年間,LinuxをWindowsとUnixの対抗馬と位置づけ,Linux普及に取り組んでいる。しかし,自社の「DB2」および「WebSphere」製品ラインと競合するLinuxベース・ソフトの認定には消極的という。

◎関連記事
米HP,2003年におけるLinux関連の製品とサービスの売上高が25億ドル
■■米IBM,Linux普及を狙いWindowsからの移行支援などパートナ支援制度を強化ノベルがSUSE LINUXを6月出荷,NetWareに代わる主力OSに 
「2004年末までにOracle製品の中心となるOSはLinuxに」,米Oracle 
米JBoss,Javaアプリ・サーバー「JBoss」を扱うベンダー向けの支援策を発表
「Linuxはオフィスで使えるか」――産総研,実験1年目の課題と期待 
■■「Linuxを利用する企業は59%,理由は『安定性』『性能』『セキュリティ』など」,米調査より「2004年にはLinuxが高性能コンピューティング市場で勢力を拡大」,米アバディーンの調査

[発表資料へ]