PR

 「IT企業では,従業員の士気低下が深刻な問題になっており,高離職率の長期化,生産性の低下,業績の悪化などを招く恐れがある」。米META Groupは米国時間6月9日,IT企業における従業員の勤労意欲について調査した結果を発表した。

 IT企業650社以上を対象に実施した調査によると,72%以上の企業で従業員の士気低下が深刻な問題になっているという。「不景気が長引き,予算の削減や人員整理など,業界の先行き不透明感が従業員の士気を下げている」(META Group社プログラム・ディレクタのMaria Schafer氏)

 このため企業は,対処策として,「優秀な社員を表彰するプログラム」(45%),「スキル向上プログラム」(40%),「キャリア向上プログラム」(23%),「プロフェッショナル養成プログラム」(10%)などを実施している。一方,「金銭的なインセンティブ」を提供する企業はわずか4%だった。

 また,企業の大半が社員の不満を把握しようと努めている。社内アンケートを実施している企業は68%,社員の業績査定プロセスで社員からフィードバックを得る企業は38%,社内に設置した“投書箱”でコミュニケーションを図ろうとする企業は14%だった。

 なお米メディア(CNET News.com)の報道によると,IT企業の従業員の給与は,非IT企業と比べ少なくとも20%高いという。その理由として,(1)IT企業は重要な人材確保のために高給を支払っている(2)高いスキルを持つ人材の需要が高い(3)求人が増加傾向にある,を挙げている。

◎関連記事
「IT専門職の初年度年収は2004年に平均1.6%減少,人材不足の分野では給与上昇の見込み」,米調査
「2004年Q3の米国IT雇用見通し,CIOの88%が現状維持」,米調査
「2003年のIT専門職の平均給与は前年比2%増の6万9400ドル,男女格差は縮小」,米調査
「2003年のIT業界の人材需要は軟調,海外へのアウトソーシングが進む」と米調査
「短期間の報酬プログラムがIT社員の業務向上に最も効果的」,米Gartnerの調査 
最悪の状態は脱出?米ハイテク業界における2002年前半の失業は11万3000人
「米企業上級管理職の報酬が減少に転じる。報酬額のトップは米アップルのジョブス氏」―。米調査
もう給料は上がらない--ITプロフェッショナルの給与・処遇実態調査

[発表資料へ]