PR

 米Xandrosが,LinuxベースのデスクトップOS「Xandros Desktop Operating System(OS)」の無償版「Open Circulation Edition」を米国時間6月9日に発表した。個人の非商用目的に限り無料で利用できるほか,インストール用CD-ROMを友人にコピーすることも可能。ダウンロードはXandros社のWebサイトで行える。ただし,電子メールによるサポートは受けられない。

 無償版の配布について,Xandros社会長兼CTOのFrederick H. Berenstein氏は「Xandros Desktop Open Circulation Editionをウイルスのように複製させたい」と述べている。

 無償版には,オフィス・スイート,Webブラウザ/電子メール・クライアント(Opera 7.50のXandros版),マルチメディア・アプリケーションが付属する。Windows XPとのデュアル・ブートが可能で,Windowsネットワーク上でファイル/プリンタ共有も行える。「Xandros File Managerには,Windows XPよりも簡単で強力なCD-ROM書き込み機能もある」(Xandros社ソフトウエア開発担当副社長のMing Poon氏)

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,Xandros Desktop Open Circulation Editionには有償版OSと異なり操作マニュアルがないほか,Linux上でWindows用プログラムを動作させる米CodeWeavers製ソフトウエアが付属しないという。さらに,有償版に比べCD-ROMの書き込み速度が遅いという。Xandros社の有償版Linuxには,「Standard Edition」(39ドル),「Deluxe Edition」(89ドル),「Business Edition」(129ドルがある。

◎関連記事
「デスクトップ環境に新たな選択肢」,サンが新ソフトを提供
米Red Hatのデスクトップ戦略とは――狙いはやはり企業市場
新勢力●Linux搭載PCが“Windowsの顔”で普及へ
「Linuxはオフィスで使えるか」――産総研,実験1年目の課題と期待
産総研の実験に見るオープンソース・デスクトップの“可能性”
「Windowsが全ユーザーに必要か、再考すべき」、米OSDLマーケティング・ディレクタ
Linux普及団体OSDL,企業のデスクトップLinux普及促進に向けた作業グループを結成
「Linuxパソコンをもっと普及させる」,コミュニティと企業がコンソーシアムを結成

[発表資料へ]