PR

 主要Webサイトがアクセス不能状態に陥った問題で,米Akamai Technologiesは,サービス拒否(DDoS)攻撃があったことを認める声明を米国時間6月16日に発表した。障害が起きた時間帯は東部時間6月15日午前8時30分~10時45分ごろで,「Akamai社の顧客である特定のWebサイトを狙った高度で大規模な攻撃が原因」(Akamai社)としている。

 米メディアの報道(TechWeb)によると,アクセス障害が発生したのは,米Apple Computer,米Google,米Microsoft,米Yahoo!のWebサイト。

 Akamai社によれば,同社のDNSが攻撃を受け,処理能力が低下し,一部でDNSリクエストのタイムアウトが発生した。このため,一部のインターネット・ユーザーがWebページにアクセスできなかったり,読み込みに時間がかかるなどの事態となった。なお,Akamai社のDNSは東部時間6月15日午前10時45分に復旧したという。

 Akamai社は,「DNSシステムが影響を受けたのは顧客全体の4%程度にとどまった。目に見える支障は2%で,ユーザーの20%以上に影響する大きな障害は1%に満たなかった」と報告し,「顧客が被った不自由をたいへん残念に思う。今後の攻撃に備え,引き続き,顧客と自社を保護するための措置をとっていく」と述べた。同社は,連邦当局と協力し,当事件の調査を行うとしている。

◎関連記事
米AT&T,リアルタイムでDoS攻撃の衝撃を緩和するサービスを発表
「侵入検出/防止システム市場,2004年の成長率は20%を超える」,米調査
「2005年に企業の20%が深刻なインターネット攻撃の被害を受ける」,米Gartner調査
「セキュリティ担当者の66%が『自社ネットワークが100%安全になることはない』と回答」,米調査
日本はもはや“島国”ではない
「サイバー犯罪の被害額は3年連続で低下,ただし油断は禁物」,米CSIの調査
「混合型の攻撃が増加」,米Symantecがインターネット・セキュリティに関する調査結果を発表
「セキュリティ・ホール発見からワーム出現までの期間が過去5年で劇的に短縮」,米企業の調査

[発表資料へ]