PR

 ルクセンブルクのSkype Technologiesは,Linux向けIP電話ソフトウエア「Skype for Linux」のベータ版を,現地時間6月21日に発表した。同ソフトは直ちに利用可能。同社Webサイトより無償でダウンロードできる。

 同ソフトはglibcとQtライブラリの推奨バージョンを持つLinuxディストリビューションで利用可能。また,KDEおよびGnomeデスクトップ・マネージャに対応する。

 SkypeソフトウエアはPtoP技術を用いたパソコン用IP電話ソフトウエア。Skype Technologies社はほかにも,Windows向けソフト「Skype for Windows」と,PDA向けソフト「Skype for Pocket PC」を提供している。Skypeのユーザーは,オンライン・プレゼンス,コンタクト・リスト,インスタント・メッセージングといった機能を利用できる。また,世界各国のSkypeユーザーと通話できるほか,最大5人と電話会議を行える。

 同社CEO兼共同設立者のNiklas Zennstrom氏は,今回のLinux版リリースについて,「Skypeのベータ版を昨年8月にリリースして以来,Linux版を求めるユーザーが多かった」と説明する。

◎関連記事
Skype Technologies社がPDA向けIP電話ソフト「PocketSkype」のベータ版リリース
米AT&T,企業向けVoIPサービス対応機器のリストを拡張
1万台のIP電話機で働き方を変える
実現すれば“特需”?,全省庁がIP電話の導入検討 
次はIP電話と携帯」,総務省局長が競争評価を語る
NECが中小企業向けIP電話システムなど構築するソリューション
IP電話を導入しても今の電話の機能は全部使えますか? 
沖電気が米BEAと提携,IP電話機能を搭載したWebアプリケーションサーバー発売

[発表資料へ]