PR

 米Novellが支援するオープンソース・プロジェクトMono projectは,.NET Frameworkベースのソフトウエア開発プラットフォーム「Mono 1.0」の無償提供を開始した。Novell社が米国時間6月30日に明らかにしたもの。Monoを使用すると,クロスプラットフォーム環境でLinuxやその他OS用のアプリケーションを開発できる。

 Linux用ソフトウエア開発の現状について,Mono projectの創設者でNovell社開発担当副社長のMiguel de Icaza氏は「デスクトップ環境としてLinuxを導入する企業が増えているものの,既存の開発ツールはあまりに専門的かつ複雑なため,Linuxデスクトップ用アプリケーションの開発は困難だった」と述べる。「Monoは非常に使いやすく,必要なツールとAPIが揃っており,商用レベルのLinuxデスクトップ/サーバー向け開発プラットフォームといえる。各種標準規格と,実績のあるプログラミング言語およびライブラリがベースで,LinuxだけでなくWindows,Mac OS X,各種Unix用アプリケーションの開発も可能」(同氏)

 Monoには,C#コンパイラ,.NET互換ランタイム,2種類のAPIスタックが付属する。APIスタックの1つは,Linuxサーバー/デスクトップ用のMonoスタック。もう1つは,Microsoft .NET Framework 1.1互換APIで,ASP.NET,ADO.NETなどのコンポーネントに対応している。

 クロスプラットフォームのGtk# GUIプログラミング・ライブラリも備えているので,Monoで使用可能なプログラミング言語を使って単一のソース・コードからLinux/Windows/Mac OS X上で動作するGUIを作れる。C#のほかに,Visual Basic,Python,JScript,Javaでもプログラミングできる。

 Mono 1.0は,Mono projectのWebサイトから無料でダウンロードできる。同サイトでは,各種ツール/情報,プロジェクトのロードマップなども提供している。

◎関連記事
米Sun,「NetBeans 4.0」のベータ版を7月中にリリースへ
米Sunとnetbeans.org,Java開発フレームワーク「NetBeans」のロードマップを発表
米Microsoft,学習者向け開発ツールや「Visual Studio 2005」ベータ1版などを発表
開発ツール・プラットフォームの新版「Eclipse 3.0」,RCPをサポート
「Eclipseの利用が拡大,北米では最もよく利用されるJava開発ツールに」,米調査
Javaを巡るSunとIBMの争点「Eclipse」とは
「Eclipse」コンソーシアムが非営利団体としての独立を正式発表
「.NET」と「Java」に二分されるWebサービスのプラットフォーム,来年はともに約60%の開発者が使用

[発表資料へ]