PR

 米Verizon Wirelessは,米Qwest Communications Internationalから周波数免許とネットワーク資産を4億1800万ドルで買収することで最終的な合意に達した。両社が米国時間7月1日に発表した。買収手続きは,同年第4四半期または2005年初めに完了する見込み。

 買収される資産には,西部,中西部14州の62市場における1900MHz帯のPCS用周波数免許,Verizon Wireless社のネットワークと同じCDMA方式を採用するネットワーク・スイッチング・センター,セル・サイト,関連ネットワーク設備が含まれる。

 今回の買収により,Verizon Wireless社は,同社がすでにサービスを提供している市場におけるネットワーク拡充とともに,新しい市場へのネットワーク拡張を狙う。免許を獲得する62市場のうち,ミネソタ州ロチェスター,セント・クラウド,ネブラスカ州リンカーン,ワシントン州ロングビューを含む9つの地域は,同社にとって新規の市場となる。

 Qwest社は,引き続きQwestブランドの名で米Sprint社のPCSネットワークを通じて消費者と企業顧客に無線通信サービスを提供する。

◎関連記事
長距離通信大手の米MCIと地域通信大手の米Qwest,地域電話ネットワーク・サービスに関して提携
米Verizon Wireless,テキスト・メッセージング・サービスを28カ国に拡張
「米大陸の携帯電話ユーザーの90%はGSM方式を選択」,3G Americasが発表
長距離通信大手の米MCIと地域通信大手の米Qwest,地域電話ネットワーク・サービスに関して提携
「米国の携帯電話ユーザー,54%がモバイル・データ・サービスを利用」,米調査

発表資料へ