PR

 米誌「CIO Magazine」は,IT支出に関して6月に行った調査の結果を,米国時間7月1日に発表した。それによると,IT予算は今後12カ月間で8.2%増える見込みで,社員報酬も4.6%増加する見通しだ。

 調査は,256人のCIOおよびCIOに相当する役職の読者を対象に,ITハードウエア,ソフトウエア,サービス,およびインターネット関連の予算について,6月10~17日にアンケートを実施したもの。

 今後12カ月間のIT支出計画に大きな影響を与える要因として,33.9%が「インフラの更新」を挙げており,「インフレ」(13.8%),「燃料価格の高騰」(7.9%),「対テロ戦争」(6.7%)などを大きく上回っている。

 CIO Magazine誌のGary Beach氏は,「これまで長い間保留され,昨年から着手され始めたインフラの更新が本格化している」と説明した。

 その他の主な調査結果は以下のとおり。

・過去12カ月間のIT予算は平均6.5%増加した。これは5月の調査時の5.2%と比べて増加しており,2004年に入って最高の増加率である。
・セキュリティ・ソフトウエアについては,約58.3%が「予算を増やす」と回答(5月の調査時は57.7%),「予算を減らす」と答えたのはわずか2.0%(同2.6%)だった。
・コンピュータ・ハードウエアについては,55.7%が増加予定(5月の調査時は53.2%)で,15.7%が削減予定(同13.8%)である。
・Linux搭載デスクトップの導入については,66.5%が「現時点で計画がない」,26.4%が「可能性を模索している」と答えた。「導入済み」は1.2%,「導入過程にある」は5.5%だった。

◎関連記事
「米企業のIT予算は2004年に4.7%増,西部地域が好調」,米調査
「企業の課題は戦略的から戦術的に,2004年は売上高増加を最優先」,米調査より
「今年のIT投資額は1.4%増加」、米大手調査会社のCIO調査から
「CIOの41.7%がITの主要カテゴリで支出増額を予定」,米誌の調査
「2004年,企業のIT支出は9%増加」--米調査会社が予測
「2004年はすべての垂直市場でIT支出が回復する」,米Gartner調査
「2004年のIT支出は中小企業を中心に回復,ただし大企業はいまだ消極的」,米調査
「2004年のIT支出は前年比4%増にとどまる見込み,景気回復基調ながら企業は慎重」,米調査

[発表資料へ(PDF形式)]