米Microsoftは米国時間7月8日,インテリアおよびインダストリアル・デザイナであるPhilippe Starck氏のデザインを採用した光学式マウス「Optical Mouse by S+ARCK」を発表した。「著名なデザイナと組んで製品を手がけるのは今回が初めて」(Microsoft社)という。

 Optical Mouse by S+ARCKは,中央に青またはオレンジのラインが入っており,そのラインを挟んだ左右のボタンがマウス全体に伸びている。Webページやドキュメントをスクロールする機能も搭載する。「右利き/左利きユーザーの両方で快適な操作性を実現しており,デスクトップに機能美を加えることができる」(同社)

 「Philippe Starck氏のデザインは,ジュース絞り器から旅行カバンなど,さまざまな日常品に取り入れられており,今回のプロジェクトにピッタリだと判断した」(Microsoft社ハードウエア部門デザイン・グループ・ディレクタのKen Fry氏)

 同社はそのほか,コードレス・マウスの新製品「Wireless Optical Mouse in Mood Ring」「Wireless IntelliMouse Explorer in Cobalt Basin」「同 in Crimson Fire」を発表した。これらのマウスは,Tilt Wheel TechnologyおよびMicrosoft Optical Technologyを採用したスクロール・ホイールが特徴。

 これらの新製品は2004年8月末までに販売を開始する予定。価格は,Optical Mouse by S+ARCKが34ドル95セント,Wireless Optical Mouse in Mood Ringが44ドル95セント,Wireless IntelliMouse Explorerシリーズが54ドル95セント。

◎関連記事
米Microsoft,Bluetooth対応無線キーボード,マウス,トランシーバを発表
米Microsoft,水平スクロール対応のマウスと新しいキーボードを発表
マイクロソフト,マウス・ドライバの新版「IntelliPoint Software 5.0」を公開
マイクロソフト,左右スクロールが可能なワイヤレス・マウス新製品
最新ハードウェア技術大系---入力機器
マウスと共に生まれたWWWの起源――第2次世界大戦中までさかのぼる
米MicrosoftがBluetooth対応の無線キーボートとマウスを準備中
米MS,動作不良の光学式マウスの交換をユーザーに告知

[発表資料へ]