PR

 米StorageTekは,2004年第2四半期の決算速報を米国時間7月8日に発表した。売上高は5億1000万ドル~5億2000万ドルの範囲,1株当たり純利益は29セント~33セントの範囲と見込む。

 当期の業績について,StorageTek社会長兼社長兼CEOのPatrick J. Martin氏は,「モジュラ・ライブラリ『SL8500』『SL500』は好評だったが,ストレージ業界のほかの企業と同じく,非常に厳しい四半期だった」と述べる。「業績は予想を下回り,最後の2週間に受注が突然減少した」(同氏)。その一方で,同氏は明るい結果も得られたとし,「収益と支出の両方で事業を計画通り進めることができ,前期および前年同期に対する利益増を維持できる」と説明している。

 同社は,正式な2004年第2四半期決算を7月20日に発表する予定。

 なお米メディアの報道(CNET News.com)によると,アナリストらはStorageTek社の売上高を5億4900万ドル,1株当たり純利益を35セントと予測していたという。

◎関連記事
米StorageTek,富士写/米Imationとテープ・メディアの共同開発へ
米Maxtorが2004年Q2業績見通しを下方修正,400~500人の社員削減へ
米EMCの2004年Q1決算,売上高は前年同期比35%増,買収した3社の業績も好業績
米VERITAS,2003年の売上高は前年比18%増加
「ストレージ・ソフトのサポート・サービス市場,2004~2008年に年平均6.1%で成長」,米IDC
「2004年Q1の世界ストレージ・ソフト市場,売上高は前年比23%増の18億500万ドル」,米IDC
「2004年Q1のストレージ市場,米EMCが米HPから首位の座を奪う」,米IDC調
「2003年Q4の外付けストレージ市場は前年同期比8.4%成長」,米IDC調査

[発表資料へ]