米Salesforce.comは,ASP方式CRMソフトウエアの新版「salesforce.com Summer '04」の提供を開始した。Salesforce.com社が米国時間7月21日に明らかにしたもの。カスタム化および統合機能の強化,国際化,100種類上の新機能導入などを行った。

 新版のSummer '04は,これまでの「Personal Edition」「Team Edition」「Professional Edition」に加え,新たに大企業向けの「Enterprise Edition 2.0」も提供する。

 新版ではカスタム化機能を強化し,標準タブ名の変更,専用フィールドの作成,コントロールの埋め込み,ページ・レイアウトの変更をドラッグ&ドロップで実行できるツールを導入した。ユーザーによって必要な情報やツールが異なるという状況に対応するため,各ユーザーやグループに適したWebページを作る「My salesforce.com」機能なども用意している。

 米MicrosoftのOutlookやOfficeとの連携機能も強化。これにより,OutlookおよびOfficeアプリケーションから直接Summer '04の機能にアクセスできるようになった。

 国際化については,対応可能な言語と通貨を拡充した。「Outlook Edition」「Office Edition」において,ブラジル・ポルトガル語,中国語(簡体字,繁体字),英語,フランス語,ドイツ語,イタリア語,日本語,韓国語,スペイン語,スウェーデン語の計11カ国語が使用できる。

 Salesforce.com社によれば,すでに全世界の会員(1万700社,16万1000人)が,新版への移行を終えているという。移行にあたって,特別な作業や追加費用は発生しない。

◎関連記事
「第二世代ASPによって倍々ゲームで成長する」と米セールスフォースドットコムのマーケティング&システムズ社長
米Salesforce.com,CRMソフトの新版「salesforce.com Spring '04」をリリース
米Salesforceと米WebEx,オンデマンドCRMサービスで提携
ASPがビジネスソフトベンダーに復讐――米セールスフォースの次の標的はIBM
米IBMと米Siebel,オンデマンドでWWWベースのCRMサービス提供に向け提携
「顧客管理市場の2003年売上高は前年比4%増,今後は独SAPが市場をけん引」,米調査
「競争の激化でCRMソフトの価格が大幅に低下」,米ISM
「CRMを早期に導入した金融サービス企業には,次世代のCRMが必要」と米Gartner

[発表資料へ]