PR

 米CodeWeaversは,Linux上でWindowsアプリケーションを動作させるためのソフトウェアのプレビュー版「CrossOver Office 3.1」を米国時間8月3日に発表した。ベータ前の同プレビュー版では,米Apple Computerのデジタル音楽ソフトウエア「iTunes」をサポートする機能を追加している。同製品は,既存のCrossOver Officeユーザーを対象に公開される。

 CrossOver Officeは,エミュレータの必要なくLinux上でMicrosoft社の「Microsoft Office」「Internet Explorer」「Visio」,Intuit社の「Quicken」,Macromedia社の「Dreamweaver」「Flash」,Apple社の「QuickTime」といった多くのWindows向けアプリケーションの動作を可能にするもの。2002年に最初のバージョンが発表された。

 iTunesのサポートにより,CrossOver Officeユーザーは,Apple社が提供する「iTunes Music Store」から楽曲をダウンロードが可能になるとともに,Linuxを搭載するパソコンにiPodを接続して楽曲の転送ができるようになる。

 同社CEOのJeremy White氏は「iTunesは,ユーザーからもっとも要望が高いアプリケーションだった。現在も,2005年末までにはCrossOver OfficeでWindowsアプリケーションの大半がサポートされるようになると確信している。それまでに,バージョン3.1の開発を通じてLinuxユーザーにiTunesの魅力を伝えられるのを喜ばしく思う」とコメントしている。

 「CrossOver Office 3.1」のベータ版は,数週間中に一般向けにリリースされる予定。プレビュー版は,サンフランシスコで開催中の「LinuxWorld 2004」においてデモが行なわれている。

 同製品の最終版は,年内にリリースが予定されおり,一般ユーザー向け「CrossOver Office 3.1 Standard」と企業と教育機関向け「CrossOver Office 3.1 Professional」の2種類のバージョンが用意される。

◎関連記事
米HP,Centrino対応のLinuxノートPC「nx5000」を発表
独SUSE,Linux上でWindowsアプリ/ゲームを利用可能とするCD-ROMパッケージを発表
米Unisys,企業向けサーバー「ES7000」をLinux対応に
米IBM,Linux普及を狙いWindowsからの移行支援などパートナ支援制度を強化
「Linux開発者の92%が『自社システムは一度もウイルスに感染していない』」,米Evans Dataの調査

発表資料へ