PR

 米Qwest Communications Internationalは,2004年第2四半期の決算を米国時間8月3日に発表した。売上高は34億4000万ドル。前年同期と比べ4.3%減少,前期からは約1%減少した。純損失は7億7600万ドル(希薄化後の1株当たり損失は43セント)で,前年同期の6400万ドル(同4セント)から大幅に赤字が拡大した。

 当期は,長距離サービスの収入が前年同期比6%増加した。データおよびインターネット・サービスは,DSLやホスティング・サービスなどが好調だったため,前年同期と比べ約3%の増収となった。

 当期におけるDSLサービスの新規加入者は10万9000人で,総加入者数は85万3000人となった。同社は,2004年末に加入者数が約100万人に達成し,サービス対象地域の約65%の家庭がDSLサービスを導入すると見込んでいる。

 長距離サービスの新規加入者数は73万3000人で,回線総数は410万回線に達した。また同社は過去に発表した長距離回線の総数を修正した。修正後の数値は,2003年第4四半期が220万回線,2004年第1四半期が340万回線である。なおこの修正は売上高には影響しないという。

 また,同社は当期中にコスト改善策の一環として,1550人の従業員削減を行っている。

 ちなみに同社は,PCS周波数免許とネットワーク資産を4億1800万ドルで米Verizon Wirelessに売却することで,合意に達している。当局の承認を得たのち,2004年末~2005年初頭に手続きを完了する予定。

◎関連記事
米Verizon Wireless,米Qwestの周波数免許とネットワーク資産を買収
長距離通信大手の米MCIと地域通信大手の米Qwest,地域電話ネットワーク・サービスに関して提携
米Verizon,米NextWaveから広帯域PCS用周波数免許を9億3000万ドルで購入
米Cingular,米NextWaveからの周波数免許買収手続きを完了
米AT&Tの2004年Q2決算は減収減益,新規の居住者向けサービスから撤退
米AT&Tが全米7州で新規の個人向け市内および長距離電話サービスから撤退,各界から反応の声
米法務省,米FCCの「UNE(アンバンドル網要素)規制」を無効とする判決の上告を断念
FCCの新たな通信規制に業界から賛否両論の声

[発表資料へ]