PR

 米Motorolaと米Hewlett-Packard(HP)は,Motorola社のCDMAおよびiDEN方式の携帯電話ネットワーク・インフラにHP社のサーバーやLinux OSを組み込み,総合ソリューションとして提供する。両社が複数年契約を結んだことを米国時間8月16日に明らかにした。

 HP社は,ネットワーク内で通話経路を集中制御する部分の管理用として,キャリア向けラック・マウント・サーバー「HP Integrity cx2600」,OSDL準拠のキャリア・グレードLinux OS,業界標準の電話回線制御プロトコルSignaling System 7(SS7)に対応したソリューション「HP OpenCall Radio Signaling Controller」を提供する。これにMotorola社は携帯電話ネットワーク用のミドルウエアとアプリケーションを統合し,iDENおよびCDMA用の中核ネットワーク・インフラを構築する。

 「HP社のプラットフォームを採用することで,当社は顧客に対し,移り変わりの速い市場で真に必要とされる世界クラスの装置,魅力的な投資回収率,条件に応じて既存ネットワークに適用可能な柔軟性を提供できる」(Motorola社上級副社長兼グローバル・テレコム・ソリューション部門社長兼CEOのAdrian Nemcek氏)

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,Motorola社はHP社製プラットフォームをベースとするソリューションの販売を,12カ月~18カ月後に開始する計画という。

◎関連記事
米IBMと米Motorola,「eServer BladeCenter」ベースの通信業界向け製品で協力
米Sun,通信業界に向けたソリューションや製品を発表
米Intelと米HP,通信装置メーカー向け通信ソリューションを共同開発へ
「2003年の通信キャリア設備投資,アジア太平洋地域だけが拡大」,米調査
2004年Q1の世界携帯電話販売台数,前年同期比34%増で「Q1としては過去最高」
2003年の世界携帯電話販売台数は過去最高の5億2000万台,前年比で20.5%増加
「米大陸の携帯電話ユーザーの90%はGSM方式を選択」,3G Americasが発表
多数のLinux関連企業が通信業界向けLinux仕様の新版『CGL 2.0』をサポート」とOSDL

[発表資料へ]