米Microsoftは米国時間8月17日,ホスト統合サーバーの新版「Host Integration Server(HIS)2004」を発表した。2004年9月1日に一般向けにリリースする予定。

 「HIS 2004により,企業は既存の米IBM製メインフレームやミッドレンジ・システムと,新たなWindowsベースの製品と組み合わせ,ホスト資産を低価格で顧客に提供することができる」(Microsoft社)

 HIS 2004は,新たに開発した「Transaction Integrator(TI)」設計ツールを備える。TIツールは「Visual Studio .NET 2003」および「.NET Framework」をサポートしており,「CICS(Customer Information Control System)」や「Information Management System(IMS)」といった既存のメインフレーム・アプリケーションをXML Webサービスあるいは.NETサーバー・コンポーネントとして, サービス指向アーキテクチャ(SOA)に対応させることが可能。

 その他の主な特徴は以下の通り。

・IBM社の「DB2」データベースに格納されているデータを,XML Webサービスとしてアクセス可能にできるほか,Windowsベースのソリューションと統合することが可能。

・「TI Host-Initiated Processing(HIP)」を使って,Windows Serverベースのコンピュータを,IBM社製メインフレームあるいはAS/400の“仲間”として機能させることが可能。これにより,「真の分散型ピア・ツー・ピアを構築し,ホスト・アプリケーションのデータの一部をよりコスト効率の高い『Windows Server』や『SQL Server』などに移行できる」(Microsoft社)

・「Enterprise single sign-on(ESSO)」により,「Windows Active Directory」と非Windowsシステム間の認証セキュリティを確保する。

・IP経由のSNAアプリケーション接続を可能にする「IP-DLC Link Service」を備えており,高速IPネットワークを介して直接「z900」メインフレームに接続できる。

 HIS 2004は,「Standard Edition」と「Enterprise Edition」の2バージョンを用意する。価格は,Standard Editionが2499ドル,Enterprise Editionが9999ドル。

◎関連記事
米Microsoft,「Visual Studio 2005」のプレビュー版提供など開発者支援策を発表
米Microsoftと独SAP,Webサービスで関係強化,「.NET」と「NetWeaver」の統合を推進
【JavaOne 2004】J2EEベンダーのSOA戦略が出揃う──SunとOracleがSOA対応製品を発表,IBMとBEAを追う
米BEA,SOAに基づく開発実行環境のオープンソース・プロジェクト「Beehive」を開始
米BEA,SOA普及促進に向けた技術およびリソースを開発者に提供
米IBM,SOAベースのビジネス・プロセス構築を支援するソフトとサービスを発表
米HP,サービス指向アーキテクチャ企業買収でWebサービス管理ソリューションを強化
米Sybase,SOAに対応した開発ツールの新版とAPサーバーの新版を発表

[発表資料へ]