PR

 Linuxの普及促進を目指す非営利団体Open Source Development Lab(OSDL)は,Linuxカーネルを自動的に試験するための環境「Scalable Test Platform(STP)」の最新版version 3.0を米国時間8月19日に発表した。Linuxカーネル上で実際のデータ・センター環境をシミュレートする機能を追加したほか,MySQL,PostgreSQL,SAPDbといったオープンソース・データベース上でさまざまな負荷をかけた試験が行えるようになった。

 STPは,OSDLが2001年に提供を開始した試験環境。Linuxカーネルのコード変更に関する検証をさまざまなハードウエア・プラットフォーム上で行うことができ,処理性能や安定性の計測結果を自動的に記録する。OSDLは,STPをWebサイトで無償ダウンロード提供している。

 Kernbench,contest,reaim,Open POSIX Testsuiteといった各種テスト・スイートに対応しており,最新版ではPostgresやsysstatなども試験できる。クロス・コンパイル用フィルタも増やし,PPC/PPC64/Sparc/Sparc64/x86_64/Alphaプロセサ・アーキテクチャ上の検証が行えるようになった。

 OSDLでは,カーネル・バージョンを2.5から2.6に上げる開発作業中,毎月平均1000回以上のカーネル試験をSTPで実施していたという。

◎関連記事
OSDLがデータ・センター向けLinuxの技術ガイドライン「DCL Technical Capabilitiesバージョン1.0」を発表
オープンソース推進団体OSDLに中国企業が初の加盟
OSDL,最新カーネルの新テスト・バージョン「Linux 2.6 test9」を発表
Linux推進団体OSDLが開発者向けにテスト環境を提供,企業でのLinux普及を目指す
「Linux開発者の92%が『自社システムは一度もウイルスに感染していない』」,米Evans Dataの調査
「2004年のIT分野,Linuxが地位を確立し,アウトソーシングが増加する」,米調査より
「Linuxを利用する企業は59%,理由は『安定性』『性能』『セキュリティ』など」,米調査より
Linuxに黄金時代をもたらすもの

[発表資料へ]