PR

 米Accentureは,米国企業におけるIT支出に関する調査結果を米国時間8月24日に発表した。それによると,今後3年間において企業のIT支出は増加するという。しかし,IT支出に対して十分な見返りを得ていない,と感じている企業があることも明らかになった。

 調査は,300社を超える大規模な米国企業の一般ビジネス・マネージャとIT管理社員を対象に行なった。回答者の半数以上(55%)は,今後3年間にIT支出が増加する答えた。IT支出を縮小させると答えたのは10%だけだった。

 過去数年間で生産性が向上したとする企業の84%は,主な要因としてIT関連の要素を挙げている。83%は,生産性の向上を「技術利用の改善」,65%は「適切な技術投資」を理由としている。

 しかし,調査によりいくつかの領域においてビジネス・マネージャは,ITの効率と影響が期待通りではなかったとしている。47%のビジネス・マネージャと51%のIT幹部社員は,自社の技術部門の真価を発揮させる手段がわからない,としている。また,52%のビジネス・マネージャは,ITが企業の投資に対して期待以下の働きしかしていない,と回答している。

 同社SITEマネージング・パートナのGary Curtis氏は,「技術投資から価値を引き出すためにもっとも重要な要素は,IT戦略をビジネス目標に合わせて調整することである。残念なことに,多くの企業がこのような調整をもっとも困難な領域であると感じている」と説明する。「ITは,企業が効率よくまた迅速に企業目標を達成するために大きな影響を持っているが,それは,IT投資が企業の優先事項と調整がとれているときだけである。企業目標の達成に成功する企業は,重要なIT投資の決定に企業幹部が関わっている」(同氏)

 同調査は,従業員数5000人以上を抱え,年間売上高が100億ドルを超える企業を対象に実施した。

◎関連記事
企業幹部の4分の3以上がセキュリティを重視,「コスト管理よりも重要」
「カリフォルニア,ニューヨーク,テキサス3州のIT支出合計は日本全体にほぼ匹敵」
「北米の企業は今後半年の景気を楽観視,2004年のIT支出は前年比3.8%増」,米IDCの調査
「中小企業の2004年IT支出は前年比6.6%増の見込み,大企業の1.7%増を上回る」,米調査

発表資料へ