PR

 米KMGI Groupは,Windowsのパスワードを解読するソフトウエア「SeePassword」を米国時間8月26日に発表した。同ソフトウエアを使うと,忘れてしまったパスワードをパソコンの画面に表示できるという。

 虫眼鏡の形をした同ソフトウエアのインタフェースを(パスワードを隠している)「****」などの文字列上にドラッグ&ドロップすると,パスワードを表示できる。「多くの人にこの技術を使ってもらいたい。(忘れたパスワードを取得できるので)便利だからという理由もあるが,使ってみれば個人情報がいかに守られていないかを実感できる。情報の暴露は問題解決の第一歩だ」(KMGI社CEOのAlex Konanykhin氏)とする。

 同社はSeePasswordの販売を9月1日にWebサイトで開始する予定。詳細は発売時に明らかにするとしている。価格は19.99ドル。

◎関連記事
Windows認証を数秒で解析――脆弱なパスワードは即座に破られる
IEが記憶しているパスワードを復元/消去が可能なツールが登場
RSAセキュリティ,Windowsのログオンにワンタイム・パスワードを使える製品を発表
セキュリティフライデー,脆弱なパスワードを数秒で解読するシステムを開発
「セキュリティ最大の課題は,ユーザーの認識の低さ」,米Evans Data調査
あなたは大丈夫?ユーザーが守るべきセキュリティ10カ条(上)
パスワードの惰性利用を断つ(3)――ワンタイム・パスワード
「ソーシャル・エンジニアリングに気をつけろ」――専門家が警告

[発表資料へ]