PR

 米Linspireは,Linuxユーザーが米Time WarnerのAmerica Online(AOL)の提供するダイヤルアップ・サービスに接続するためのダイヤラ・ソフト「AOL Dialer for Linux」のベータ版を発表した。同社が提供開始を米国時間8月26日に発表した。AOLは米国と欧州で合わせて2970万人のサービス加入者を抱えている。

 同ソフトにより,LinuxユーザーもAOLのダイヤルアップ・サービスへの接続設定が容易にできるようになる。これまでは,米Microsoftと米Apple Computersユーザー向けのダイヤラしか用意されていなかった。

 Linspire社のCEOであるMichael Robertson氏は「AOLには,ユーザーとOEMからAOLのダイヤルアップ・サポートの要求が1番多いことを伝えているが,AOLからはまだ何もリリースされていない。そのため,Linspireは,AOL顧客が自分のAOLアカウントでLinuxコンピュータが使えるようにオープンソースのダイヤラを作成することにした」と説明している。

 同製品は,オープンソースとして Linspire社のWebサイトから無償で提供される。同ソフトを利用するには,AOLのスクリーン名とローカルのアクセス番号が必要。複数のアクセス番号をサポートする。

◎関連記事
MSとの和解により,Lindowsが全世界でLinspireに名称変更
ベリタス,ストレージ・ソフト3製品のLinux版を9月に初出荷
米Sunが次期「Solaris 10」でLinuxアプリをネイティブで動作可能に
米CodeWeavers,Linux上でWindowsアプリケーションを動作させるソフトに「iTunes」サポートを追加

発表資料へ