米ニュージャージー州連邦地裁は,米Verizon Wireless社の携帯電話加入者に大量の未承諾の迷惑メールを送りつけていたスパマーに対して恒久的な禁止命令を下した。Verizon Wireless社が米国時間8月30日に発表した。

 同連邦地裁のMary L. Cooper判事は,ロードアイランド州在住のJacob Brown被告に対し,Verizon Wireless社の携帯電話加入者へのスパム送信を恒久的に禁じる命令を言い渡した。Brown被告とその仲間は,住宅ローン広告やアダルト・サイトに導く未承諾のテキスト・メッセージを同社の顧客宛てに大量に送信していた。また,被告たちは,身元を偽るために無関係な個人のIPアドレスを利用してスパムを送信していた。

 同社は,スパムを受信するたびに料金を払わなければならない顧客を守るために法的手段に訴えているという。前年も携帯電話へのスパマーを相手取ってジョージア州の連邦地裁にて2件の訴訟を起こしている。

 同年8月に米連邦通信委員会(FCC)は,携帯電話やポケットベルへのスパム送信を禁じる規制法案を可決している。同規制では,ショート・メッセージ・サービス(SMS)などを利用して,ユーザーの電話番号宛に送られるテキスト・メッセージは対象外となっている。

◎関連記事
FCC,携帯電話に送られるスパム・メールを取り締まる法規制を発表
「施行から6カ月,CAN-SPAM法に準拠したスパム・メールは平均2.3%」,米調査より
米AOLのスパム送信者に対する提訴,バージニア州地裁が管轄外を理由に棄却
有名なスパマーに判決下る
米Microsoft,アンチスパム・キャンペーンを拡大。米英で15件を提訴

発表資料へ