PR

 無線LAN製品の相互接続性を確認する業界団体Wi-Fi Allianceが,米Atheros Communicationsの無線LAN製品を無線LAN向けセキュリティ規格Wi-Fi Protected Access 2(WPA2)用の試験装置に採用した。Atheros社が米国時間9月1日に明らかにしたもの。

 また米Broadcomは同日,無線LANアクセス・ポイントおよびクライアント用の参照設計「AirForce」がWPA2対応として「Wi-Fi CERTIFIED」に認定されたことを発表した。さらにBroadcom社のIEEE802.11a/g対応アクセス・ポイント参照設計「BCM94712P」と同802.11g対応CardBus参照設計「BCM94306M」は,Wi-Fi Allianceが実施するWPA2認証試験での使用が決まった。

 WPA2は,Wi-Fi Allianceが策定した新しい無線LAN向けセキュリティ方式で,2004年6月に確定したIEEE802.11iがベース。Wi-Fi Allianceが2002年10月に発表したWPA方式との互換性を保ちつつ,データ保護機能を強化している。AES暗号採用,認証規格IEEE802.1x対応,アドホック・モードの強化などにより,極めて強力なセキュリティを実現するという。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,米Cisco Systems,米Intel,台湾Realtek SemiconductorもWi-Fi AllianceのWPA 2認定試験に合格したという。

◎関連記事
米Atheros,IEEE802.11a/b/g対応のWi-Fiチップセット「AR5002AP-2X」を発表
米Intel,無線LAN 3規格対応のCentrino用LSI「PRO/Wireless 2915ABG」を発表
米U.S. Roboticsの802.11g無線LAN製品,「Accelerator Technology」の採用で最大100Mbpsを実現
「2004年Q2の企業向け無線LAN市場,売上高は前期比21%増」,米調査
「無線LANが企業にとって大きなセキュリティ問題となる」,米Gartner
無線LANを介して社内情報が社外に漏れている企業は80%」,英企業の調査
「『無線環境ではセキュリティを強化すべき』としつつ,実行していない企業が多い」,米調査より
今すぐできる無線LANのセキュリティ強化術(1)第1回

[発表資料(Atheros社)]
[発表資料(Broadcom社)]