PR

 米Intelは,2004年第3四半期業績見通しの中間修正を米国時間9月2日に発表した。売上高予測を従来の86億~92億ドルから83億~86億ドルに引き下げる。

 Intel社は今回の下方修正について,「Intel Architecture製品に対する需要が世界市場で予測を下回る傾向にあるため」としている。また,フラッシュ・メモリーの出荷が期待ほど伸びていないことから,通信事業の売上高も予測に届かない見込み。

 粗利率の見通しは,従来の60%(プラス/マイナス2ポイント)から58%(プラス/マイナス2ポイント)に変更する。2004年通期の粗利率は58~60%となる見込み。これまでの予測は60%(プラス/マイナス2ポイント)だった。

 ちなみに同社の2004年第2四半期決算は,売上高が80億5000万ドル(前期比横ばい,前年同期比18%増加),純利益が18億(前期比横ばい,前年同期比96%増),1株あたり利益は27セント(前期比4%増,前年同期比93%増)だった。

◎関連記事
米Intelの2004年Q2決算,純利益は前年同期比96%増の18億ドル
米Intelの2004年Q1決算は前期と比べ減収減益,「訴訟の和解関連費用などが影響」
米AMDの2004年Q2決算,売上高が前年同期期比96%増の12億6200万ドル
米Transmetaの2004年Q2決算,前期比15%増収だが赤字幅は拡大
米National Semiconductorの2004年3月~5月期決算,1億ドル超の黒字,粗利率は過去最高
「2004年の世界半導体市場は前年比24.4%成長の見込み」,米iSuppliが予測を上方修正
「2004年Q2の世界パソコン出荷台数,前年同期比13.3%増の4300万台に」,米Gartner調査
「2004年の世界半導体市場は前年比27.4%成長」,米Gartnerが予測を上方修正

[発表資料へ]