PR

 米Lucent Technologiesが,中国江蘇省の南京にある第3世代(3G)携帯電話関連の研究センター「3G Mobility(Nanjing)Research and Development Center」に研究/開発費用として7000万ドルを追加投資すると,中国で現地時間9月6日に発表した。

 同センターは,主にCDMA2000やW-CDMA(UMTS)など3Gスペクトラム拡散モバイル・ネットワーク処理技術の研究を行う組織。Lucent社が2003年9月に開設した。

 Lucent社と江蘇省情報産業部は2004年7月23日に,同省の経済開発計画を共同推進する合意文書に調印している。追加投資は,この合意に基づくものという。

◎関連記事
「中国市場における欧米ベンダーの参入努力が,現地企業の西欧市場進出を促進」,米調査
米Motorola,中国に3G携帯アプリケーション開発センターを開設
フィンランドのNokia,中国における研究開発体制を拡充
米Microsoft,中国情報産業省と協力しWindows.NETベースの研究所設立へ
中国が200億円かけIPv6商用ネット構築に着手,2005年末までに完成予定
米AMDと中国のFounder Group,北京に共同研究ラボを開設
中国Datang,蘭フィリップス,韓国サムスン,3G携帯電話向け技術の開発で合弁会社を設立
「日本/韓国企業の中国投資が加速,ただし課題は山積み」,米Accentureの調査

[発表資料へ]