PR

 米Cisco Systemsと米NetSolveは,Cisco社による買収に向け最終的な合意に達した。Cisco社が米国時間9月9日に発表した。NetSolve社は企業向けにリモート・ネットワークとITインフラの管理サービスを提供する企業。Cisco社は,NetSolve社の全発行済み株式を,1株あたり11ドルの現金で購入する。その他のNetSolve社のオプションは,取り引き完了時にCisco社が引き継ぐ。

 Cisco社は,NetSolve社の買収により,Cisco製品をリアルタイムで監視するサービスを提供し,IPテレフォニやセキュリティといったIPサービスの継続とセキュアな運用の支援を狙う。買収は,NetSolve社株主の承認,法的な手続きを経てCisco社の2005会計年度第2四半期(2005年1月末締め)に完了する予定。

 NetSolve社は,リモート・ネットワークと複雑なITインフラを管理する包括的なソリューションを提供する。中心となるサービスには,IP通信ネットワークの監視と管理,セキュリティ・ソフトウエア,デバイス,WAN,LANが含まれる。また,顧客とパートナがリアルタイムでITインフラを視覚的に把握できるように安全なWebベースのポータルも提供している。1987年に設立され,現在292名の従業員を抱えている。

 Cisco社は,NetSolve社のサービスと技術を専門のチャネル・パートナに拡張することにより,Cisco製品のリアルタイムな監視を通じて顧客のネットワークを把握し,事前に問題に対応することを目指す。

 「NetSolve社の買収を通じて,Ciscoは,経験豊かなチーム,実績を持つプロセスと知的財産を獲得する。これは,チャネル・パートナがコスト効率よくリモート・ネットワークとITインフラの管理サービスを促進するための基盤となる」(Cisco社 Worldwide Channels部門シニア副社長のPaul Mountford氏)

◎関連記事
米Cisco,ルーティング・ソフト開発の英Parc Technologiesを買収
米ネットソルブ,アジアで猛威を振るう「SQL Slammer」検出用シグネチャを無償提供
米Cisco,EMEA地域のチャネル・パートナに奨励金を支給するプログラムを発足
米Cisco,「Microsoft CRM」とIP電話システムを連携させる中小企業向け新ソフト
米Cisco,米Boeingの世界的なIP電話への移行で契約を獲得

発表資料へ