PR

 米McAfeeは,家庭ユーザー向けアンチウイルス・ソフト「McAfee VirusScan」の2005バージョンのリリースを開始した。同社が米国時間9月15日に発表した。新版では,スパムと混合型の攻撃からマシンを保護するためにアンチ・スパム技術を強化するとともに,より速くより効果的なスキャン機能を追加している。

 VirusScanは,攻撃を未然に防ぐために侵入防止策として振る舞いの分析,パターン照合を行なう。新版ではワームと混合型の攻撃も考慮している。同社によれば,2004年前半だけでウイルスの数が前年の倍に達している。そのため,新版には同社の侵入防止技術からいくつかの機能を組み込んでいる。

 同製品は,洗練されるユーザーのインターネット利用方法にも対応している。たとえば,デジタル写真の普及によってユーザーは,これまで以上に容量が大きいファイルの送信,保存を行うようになった。これらの活用法に対応するために,同製品は送受信するファイルのスキャン速度,効率を向上させている。

 また,同社によれば過去1年において検出されたスパイウエアの数も増加している。その対策として,新版ではMcAfee VirusScanサービスに次の機能を追加している。

・スパイウエア検出,削除機能の強化

・「Extension of Potentially Unwanted Program(PUP)」による送受信メール,インスタント・メッセージのスキャニング。スパイウエア,ダイヤラ,その他の望まないプログラムを検出

・PUPスキャニングを高速化するためにMcAfee VirusScanエンジンの統合

・スパイウエア・アプリケーションに対するMcAfee AVERTモニタリング

・スケジュール・スキャンにスパイウエア検出を追加

・PUP向けにウイルス・シグネチャの自動アップデート

 McAfee VirusScanは,同社のWWWサイトからただちに入手可能。価格は,1年間の更新サービス付きで39.99ドル。

◎関連記事
IETF,米Microsoftのスパム・メール対策仕様「Sender ID」の標準化を否決
米McAfee,中小企業をスパム,ウイルスから守るセキュリティ・サービスを提供
米Network Associates,ストレージ向けアンチウイルス・ソフト「McAfee VirusScan for NetApp」を発表
米Network Associates,PDA向けアンチウイルス・ソフト「McAfee VirusScan PDA Enterprise」を発表

発表資料へ