米Hewlett-Packard(HP)は米国時間9月28日に,無線ICタグ(RFID)に関して米BearingPointおよび米OATSystemsと提携を結んだことを明らかにした。

 BearingPoint社とは,小売り販売業界向けに共同のRFIDソリューションを提供する。「販売業者は,サプライ・チェーンとの迅速なやりとりにより在庫管理を向上できるほか,顧客の購入パターンを把握して効率的に需要に対応できるようになる」(HP社)

 HP社は,「ProLiant」サーバー,「Superdome」サーバー,「StorageWorks」ストレージ・システムなどのインフラ技術を,アプリケーションや顧客の条件に合わせて提供する。RFIDシステムの設計,構築,導入を支援するサービスもHP社が担当する。一方BearingPoint社は,査定,コンサルティング,システム・インテグレーションなどのサポートを提供する。

 OATSystems社との共同ソリューションは,自動車,一般消費材,製薬,民生電子機器,小売り販売,ハイテク業界などでの利用を想定する。両社の技術を持ち寄り,RFIDネットワークを一元的に管理できるプラットフォーム「RFID/IS」を構築する。

 HP社とOATSystems社は,HP社が世界に抱えるサプライ・チェーンにRFIDシステムを設置した。社内テストにより開発したベスト・プラクティスを生かし,「今度は顧客企業に統合ソリューションを提供する」(HP社)。

 RFID/ISは,RFIDフレームワーク,システム管理,コンサルティングおよび統合サービスを組み合わせる。OATSystems社のRFIDインフラ管理ソフトウエア「OAT Foundation Suite」を用いる。

◎関連記事
米Sun,RFIDに関するiForceパートナ支援を発表
米SunがRFID取り組みを拡充,ダラスにテスト・センターを開設し仏Capgeminiと提携
米IBMがRFID導入支援サービスを発表,日本にもテスト・センター
米IBMと蘭Philips,RFIDの共同開発計画を発表
「米小売業界のRFID関連支出,2008年に13億ドル近くに増加」,米IDC
米Intelと欧州の小売大手4社,EPCやRFIDの普及促進に向けたワーキング・グループを設立
「2005~2007年のRFID投資総額は最大50億ドル,ただし400万人が失業」,米調査
【米国ICタグ・レポート4】タグ導入にひた走る米国企業の本音(1)

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]