PR

 米EarthLinkは米国時間9月29日,フィッシング攻撃を防御する「ScamBlocker」機能を備えたツールバー「EarthLink Toolbar」を発表した。「オンライン詐欺や身元情報の窃盗をリアルタイムで防ぐことができる」(EarthLink社)

 フィッシングは,不正なWebサイトを利用して,パスワードやPIN(暗証番号)などの個人情報やセキュリテイ情報をユーザーに提供させる手法。米Gartnerの調査によると,米国では既に約278万人がフィッシングの被害に遭っているという。

 ScamBlockerは,不正なWebサイトにアクセスした際に警告を発するほか,安全なWebサイトを管理するホワイト・リスト「EarthLink Accepted」を用意する。また,ユーザーが身元詐称から身を守れるように,Webサイトの信用情報に関するレポートを入手できるポータルを提供する。

 EarthLink社Core Applications担当副社長のMatt Cobb氏は,「有名な小売りサイトや企業のWebサイトを模倣し,個人情報を盗もうとするオンライン犯罪が増えている。ScamBlockerは,訪れるWebサイトの安全性を評価できる機能だ」と説明した。

 EarthLink Toolbarは,ScamBlockerのほか,各種ニュースを簡単に閲覧できるRSS,ポップアップ広告を防ぐ「Pop-Up Blocker」,スパイウエアを検知する「SpyAudit」といった機能を備える。

 同ツールバーは,「Internet Explorer 5.0」以降に対応する。同日よりEarthLink社Webサイトからダウンロード可能。

◎関連記事
「フィッシング撲滅に向けて先制攻撃に出る」,米MasterCard
米VeriSign,スパムやフィッシング攻撃を防御するサービスを発表
米Amazon.comと米Microsoft,カナダのスパム業者を共同で提訴 
ヤフー,IDとパスワードを要求する偽メールを警告 
「米国でフィッシングやスパイウエアを使った口座への不正アクセスが急増中」,米調査
phishing――だましのメールに釣られるな
フィッシング・メール対策の新技術が必要となる理由  
一度は雑談で使ってほしい,“フィッシング”ネタ

[発表資料へ]