米PeopleSoftは米国時間10月11日に,CRMソフトウエアの新版「PeopleSoft EnterpriseOne Customer Relationship Management(CRM)8.11」を発表した。企業向け製品ファミリ「PeopleSoft EnterpriseOne 8.11」の一つで,製造業界に特化したビジネス・プロセスと販売および顧客サービス機能を統合する。

 「製造業界の企業は,プロセス統合に高い費用をかけることなく,重要な顧客情報にリアルタイムでアクセスできるようになる」(PeopleSoft社)

 PeopleSoft EnterpriseOne CRMは,顧客の需要やサプライ・チェーンの注文をもとにした予測,リアルタイムの注文確認,サービス管理とリード管理など,製造業界特有の重要なビジネス・プロセスと連携する。

 「PeopleSoft EnterpriseOne Sales Force Automation」「PeopleSoft EnterpriseOne Mobile Sales」「PeopleSoft EnterpriseOne Configurator」など,販売支援(SFA),モバイル販売,製品構成のためのアプリケーションを強化し,営業担当者が顧客およびサプライ・チェーン情報を一元的に素速く取得できるようにした。

 また,「PeopleSoft EnterpriseOne Case Management」「PeopleSoft EnterpriseOne Service Management」などのサービス管理アプリケーションにより,トラブル処理やメンテナンス履歴を把握し,顧客サービスを向上することができる。

 PeopleSoft EnterpriseOne CRM 8.11は12月に一般向けにリリースする。

◎関連記事
「競争の激化でCRMソフトの価格が大幅に低下」,米ISM
米Microsoft,「Microsoft CRM 1.2」を北米でリリース
米Salesforceと米WebEx,オンデマンドCRMサービスで提携
米Microsoftが「Microsoft CRM 1.2」向けアドオンを発表,Office 2003との連携を強化
米Oracle,販売部門向けCRMアプリケーションの新版を発表
米Salesforce.com,ASP方式CRMソフトの新版「Summer '04」を提供開始
米Siebelと米Sunが提携を拡張,「Siebel CRM」をSolarisに移植

[発表資料へ]