PR

 米IBMが,ソフトウエア開発プラットフォーム「IBM Software Development Platform」の各種新機能や機能強化を米国時間10月13日に発表した。新機能はRational製品系列に属し,オープンソースの開発環境Eclipseに対応している。ソフトウエア開発に携わる人々のあいだで行われる情報共有の効率を高め,生産性,品質,予測性を改善できるという。

 IBM Software Development Platformは,単一の統合アプリケーション開発環境で,ソフトウエア開発フレームワークのEclipseなど,オープンな標準技術をベースとする。各種製品とサービスを組み合わせることで,開発者や独立系ソフトウエア・ベンダーの専門分野に適した環境を実現できるという。Windows,UNIX,Linux,メインフレーム・プラットフォーム上で使用可能なツールを用意し,Java,Eclipse,C/C++/C#,Microsoft .NETなどの言語,統合開発環境,OSに対応している。またリアルタイム・システムや組み込みシステム,Webサービスの開発も可能という。

 同プラットフォームの新機能/機能強化は,アーキテクト,開発者,試験担当者,プロジェクト・マネージャなど向けのツールである。ソフトウエア開発チームの一体化を図り,事業,開発作業,組織内の部門の連携を強化する。複数のソリューションで構成しており,必要なツールだけを組み合わせて利用できる。

 新機能の概要は以下の通り。

・「IBM Rational Portfolio Manager」:
 ソフトウエア開発プロジェクトにおいて,作業の優先順位付け,計画立案,管理,計測をライフサイクル全体にわたって行うツール。「IT作業を事業として管理できるので,技術への投資効果を最大限に高められる」(同社)

・「IBM Rational Software Architect」:
 ソフトウエア・アーキテクト向けの設計/開発ツール。ソフトウエア・アプリケーション・アーキテクチャのあらゆる面について,記述/整理する作業の効率を向上するという

・「IBM Rational Software Modeler」:
 モデリングと設計を視覚的に行うUML 2.0対応ツール。アーキテクト,システム分析者,設計者が,仕様を明確に定義したり,ほかの関係者に伝えたりすることに使う。なお同社は,既存モデリング・ツール「IBM Rational Rose」「同XDE」の強化とサポートも継続させる

・「IBM Rational Manual Tester」:
 手動テスト・ツール。堅牢で信頼性の高いテストを作成することができるという

 また同社は,「IBM Rational Web Developer for WebSphere Software」(旧名称は「WebSphere Studio Site Developer」)と「IBM Rational Application Developer for WebSphere Software」(同「WebSphere Studio Application Developer」)も機能強化した。「開発作業の自動化と手作業によるコード作成作業を減らすことで,Java開発作業の省力化と迅速化を図る」(同社)。

 さらに,自動テスト・ツール「IBM Rational Functional Tester」,負荷/性能テスト・ツール「IBM Rational Performance Tester」,ソフトウエア設定管理ツール「IBM Rational ClearCase」「IBM Rational ClearQuest」についても,機能強化を施した。

 各ツールは,いずれも2004年12月3日にダウンロード提供を開始する。パッケージ版は,12月31日までに利用可能とする。米国における1ユーザー当たりの価格は以下の通り。

・IBM Rational Software Architect:5500ドル
・IBM Rational Software Modeler:1795ドル
・IBM Rational Manual Tester:1500ドル
・IBM Rational Web Developer for WebSphere Software:1000ドル
・IBM Rational Application Developer for WebSphere Software:4000ドル
・IBM Rational Functional Tester:4120ドル
・IBM Rational Performance Tester:1500ドル
・IBM Rational ClearCase:4125ドル
・IBM Rational ClearQuest:4535ドル

◎関連記事
米IBMがソフト開発プラットフォームの新機能をデモ,「Eclipse 3.0」をベースにする
米IBM,開発者向けにソフトウエア開発プラットフォームの評価パックを提供
米IBMがソフト開発者向け支援計画を発表,技術イベントの拡充やEclipse対応開発ツールの提供など
開発ツール・プラットフォームの新版「Eclipse 3.0」,RCPをサポート
「Eclipseの利用が拡大,北米では最もよく利用されるJava開発ツールに」,米調査
Javaを巡るSunとIBMの争点「Eclipse」とは
EclipseとWebSphere Studioはどう違うのか
開発ツール・ベンダーが「Eclipse」に熱い視線

[発表資料へ]