PR

 米IBMと米Cisco Systemsは,企業向けセキュリティに関する世界規模の提携を拡大し,共同ソリューションを開発する。両社が米国時間10月14日に発表したもの。「ウイルスやワームなどの脅威によって発生するネットワークの損害を低減し,日常業務の支障を最小限におさえる」(両社)としている。

 共同ソリューションでは,Cisco社のセキュリティ支援プログラム「Network Admission Control(NAC)」の技術と,IBM社の「Tivoli」ソフトウエアを統合する。企業は,セキュリティ・ポリシー準拠の確認を自動的に実行して,問題のあるノート・パソコン,デスクトップ・パソコン,モバイル機器などのデバイスをネットワークから隔離し,修正することが可能。アクセス権の割り当ても自動管理できる。

 具体的には,IBM社の「Tivoli Security Compliance Manager」が,ネットワークに接続しているデバイスについて,OS用パッチのバージョン,アンチウイルス・ソフトの更新状況,パスワード設定などを調べる。そのデータをもとに,NACの重要な構成要素であるCisco社の「Secure Access Control Server(ACS)」が,ネットワークへのアクセスを許可するかどうか判断する。セキュリティ・ポリシーに準拠していないデバイスを発見した場合,ACSは該当デバイスを仮想LANなどのセキュリティ・ゾーンに隔離する。隔離したデバイスに対しては,IBM社の「Tivoli Provisioning Manager」の警告を通じて,ユーザーにパスワード強化やパッチ適用を促す。

 そのほか,ビジネス・プロセスを自動化するための最良事例を提供するIBM社のオンライン・リソース「Orchestration and Provisioning Automation Library(OPAL)」へのアクセスを顧客に提供する。IBM社製のコンピュータ「ThinkPad」「ThinkCentre」を使用しているユーザーは,復旧対策ツール「Rescue and Recovery Antidote Delivery Manager」を利用できる。

◎関連記事
米IBM,セキュリティ強化/コスト削減を図る各種ID管理ソリューションを発表
米CA,ウイルス/スパイウエア防止ツールを米Ciscoの技術と統合
シスコがウイルス対策ソフトとの連携技術を提供開始
【NET&COM 2004速報】シスコ、ウイルスの“持ち込み”を防ぐセキュリティ新戦略を解説
米Sun,アクセス管理ソフト「Sun Java System Access Manager」の無償アップグレード・プログラムを発表
米Microsoft,Windows Server 2003用のアクセス管理ツール「Windows RMS」を発表
企業幹部の4分の3以上がセキュリティを重視,「コスト管理よりも重要」
「企業でのモバイル機器のセキュリティ対策,83.6%がガイドラインなし」,米調査

[発表資料へ]