PR

 米Cisco Systemsと米Microsoftは米国時間10月18日に,セキュリティ技術の統合について協力することを発表した。「相互の顧客が,より効率的に,増大する脅威に対処できるようにする」(両社)

 両社は協力体制のもと,相互の技術情報を共有し,Cisco社のネットワーク・セキュリティ支援プログラム「Network Admission Control(NAC)」とMicrosoft社の企業ネットワーク向けセキュリティ技術「Network Access Protection」との互換性確立に取り組む。これにより,顧客企業は,Microsoft社のWindows製品とCisco社製ネットワーク・インフラのセキュリティ機能を統合できるため,各種のコンポーネントを組みあわせて,調和のとれたソリューションとして実装することが可能。

 また両社は,ネットワーク・アクセス制御に関する業界標準規格の普及促進についても協力するという。

 「両社製品間の互換性を向上し,より相互操作性にすぐれた技術アーキテクチャに取り組み,業界標準規格のサポートを強化することは,両社だけでなく業界全体にとって,さらには顧客にとって重要である」(Microsoft社CEOのSteve Ballmer氏)

 ちなみにCisco社は先ごろ,NAC技術へのサポートに関して米IBMや米Computer Associates Internationalとの提携を発表した。(関連記事1関連記事2

◎関連記事
米IBMと米Cisco,企業向けセキュリティの提携拡充で共同ソリューション提供へ
米CA,ウイルス/スパイウエア防止ツールを米Ciscoの技術と統合
シスコがウイルス対策ソフトとの連携技術を提供開始
【NET&COM 2004速報】シスコ、ウイルスの“持ち込み”を防ぐセキュリティ新戦略を解説
米Microsoft,Windows Server 2003用のアクセス管理ツール「Windows RMS」を発表
「多くの企業は,スパイウエアやファイル共有ソフトを大きな問題と捉えていない」,米Secure Computing
「2004年前半のセキュリティ攻撃件数は,2003年全体を超える」,米Network Associates
企業幹部の4分の3以上がセキュリティを重視,「コスト管理よりも重要」

[発表資料へ]