PR

 米Metrowerksと米Freescale Semiconductorは,Freescale社のドライバ情報システム用アーキテクチャ「mobileGT」と開発プラットフォーム「Total5200」向けに最適化した組み込み型Linux「Linux Board Support Package(BSP)」を提供する。両社が10月18日に明らかにしたもの。「Linux BSPによって,無線,グラフィックス,オーディオ,GPS技術などを組み込んだ,さまざまな車載ネットワーク製品の開発が可能になる」(両社)

 Linux BSPは,自動車業界のOEMやティアワン・サプライヤが組み込み型Linuxを利用して,次世代のナビゲーション,テレマティックス,ハンズフリー電話,ラジオ/テレマティックスのハイブリッド製品,情報系エンターテインメント,ドライバ情報システムなどを開発できるように支援する。

 グラフィックス,オーディオ,CAN(Control Area Network),USB,Ethernet,ATA,UARTといった,Total5200の機能に対応する。また,迅速かつ容易なマルチメディア・アプリケーションの実装や,再設定可能なタッチ・スクリーン向けサブ・システムといった,Total5200の機能を有効活用できる。

 Freescale社副社長兼DART部門担当ジェネラル・マネージャのBill Pfaff氏は,「各国の大手自動車メーカーは,mobileGTなど,自動車業界に特化した信頼できるプラットフォームで,Linuxを利用するための方法を模索していた」と説明する。「このような業界ニーズに応えるために,Metrowerks社と協力して,Linux BSPがmobileGTとTotal5200の主要機能を完全にサポートできるようにした」(同氏)

 Linux BSPは,Metrowerks社のWebサイトから無料でダウンロード可能。

◎関連記事
米MetrowerksとMotorola,Linuxによる無線デバイス市場をターゲットに「OpenPDA Development Studio for Motorola i.MX1」を発表
米メトロワークス,組み込み向けLinuxの米Embedixを買収
伊Fiatと米Microsoft,車載情報システムの開発で戦略的提携 
GM子会社の米OnStarが次世代音声認識製品に米IBMの技術を採用
フィンランドNokiaと英Land Rover,ハンズフリー・ソリューションを共同で提供 
あなたは“クルマの情報化”にお金をかけますか?
「北米のテレマティックス市場,2006年には現在の6倍の約30億ドル規模に」,と米調査
「2005年までテレマティックス・サービスの著しい普及はない」,米Gartner

[発表資料へ]