PR

 米Gartnerは米国時間10月19日に,2004年第3四半期の世界パソコン市場に関する調査結果を発表した。当期のパソコン出荷台数は4691万9000台で,前年同期と比べ9.7%増加したが,従来の予測には届かなかった。

 Gartner社は,出荷台数が予測を下回ったことについて,「米国市場が期待ほど伸びなかったことが要因」とみる。アナリストは,当期における米国のパソコン出荷台数が前年同期比8%増加すると予測していたが,同5%増にとどまった。「米国では,消費者向けノート・パソコンは堅調だったが,デスクトップ・パソコンの需要が落ち込んだ」(Gartner社Computing Platforms Worldwideグループ担当バイス・プレジデントのCharles Smulders氏)

 メーカー別でみると,米Dellが世界市場と米国市場の両方で,出荷台数ベースのシェアを拡大した。とりわけ欧州では,前年同期比36.7%増の伸びをみせた。

■表1 2004年第3四半期における世界パソコン市場のメーカー別出荷台数(速報値)

                 2004年Q3   2004年Q3   2003年Q3   2003年Q3   伸び率
                 出荷台数  市場シェア  出荷台数  市場シェア
メーカー        (1000台)   (%)   (1000台)   (%)    (%)

Dell              7,862       16.8      6,505       15.2      20.9
HP                7,045       15.0      6,435       15.0       9.5
IBM               2,614        5.6      2,242        5.2      16.6
富士通/
Fujitsu Siemens   1,700        3.6      1,552        3.6       9.6
東芝              1,579        3.4      1,342        3.1      17.6
その他           26,119       55.7     24,690       57.7       5.8

合計             46,919      100.0     42,767      100.0       9.7

注:デスクトップ・パソコン,ノート・パソコン,X86-32サーバーを対象とする。

出典:Gartner Dataquest社
■表2 2004年第3四半期における米国パソコン市場のメーカー別出荷台数(速報値)

                 2004年Q3   2004年Q3   2003年Q3   2003年Q3   伸び率
                 出荷台数  市場シェア  出荷台数  市場シェア
メーカー        (1000台)   (%)   (1000台)   (%)    (%)

Dell               4,919       30.4      4,297       27.9      14.5
HP                 3,090       19.1      3,042       19.7       1.6
Gateway              832        5.1        941        6.1     -11.6
IBM                  797        4.9        706        4.6      13.0
東芝                 561        3.5        468        3.0      19.9
その他             6,006       37.1      5,976       38.7       0.5

合計              16,205      100.0     15,430      100.0       5.0

注:デスクトップ・パソコン,ノート・パソコン,X86-32サーバーを対象とする。
    米Gatewayの数値には米eMachinesのデータが含まれる。

出典:Gartner Dataquest社

 また,米IDCもパソコン市場に関する調査結果を前日に発表している。IDCによれば,2004年第3四半期の世界パソコン出荷台数は4420万台で,前年同期と比べ約12%増加した。IDCの事前予測より0.5ポイント高い伸び率だという。積極的な価格設定,モバイル機器の普及,企業の買い換え需要,ユーロ高などが,市場拡大の要因と分析する。Dell社がメーカーの首位を維持し,ノート・パソコン分野と海外市場で30%以上の伸びをみせた。

■表3 2004年第3四半期における世界パソコン市場のメーカー別出荷台数(速報値)

                 2004年Q3   2004年Q3   2003年Q3   2003年Q3   伸び率
                 出荷台数  市場シェア  出荷台数  市場シェア
メーカー        (1000台)   (%)   (1000台)   (%)    (%)

Dell              8,051      18.2%      6,670      16.9%      20.7%
HP                7,151      16.2%      6,555      16.6%       9.1%
IBM               2,646       6.0%      2,272       5.8%      16.4%
富士通/
Fujitsu Siemens   1,729       3.9%      1,563       4.0%      10.7%
東芝              1,609       3.6%      1,381       3.5%      16.5%
その他           23,010      52.1%     21,052      53.3%       9.3%

合計             44,197     100.0%     39,492     100.0%      11.9%

注:デスクトップ・パソコン,ノート・パソコン,超ポータブル,
    X86サーバーを対象とする。ハンドヘルド機は含まない。

出典:IDC
■表4 2004年第3四半期における米国パソコン市場のメーカー別出荷台数(速報値)

                 2004年Q3   2004年Q3   2003年Q3   2003年Q3   伸び率
                 出荷台数  市場シェア  出荷台数  市場シェア
メーカー        (1000台)   (%)   (1000台)   (%)    (%)

Dell              5,023      32.8%      4,396      30.9%      14.3%
HP                3,128      20.4%      3,084      21.7%       1.5%
Gateway             829       5.4%        532       3.7%      55.9%
IBM                 808       5.3%        712       5.0%      13.4%
東芝                561       3.7%        468       3.3%      19.8%
その他            4,953      32.4%      5,026      35.3%      -1.5%

合計             15,303     100.0%     14,218     100.0%       7.6%

注:デスクトップ・パソコン,ノート・パソコン,超ポータブル,
    X86サーバーを対象とする。ハンドヘルド機は含まない。
    2004年Q2以降の米Gatewayの数値には米eMachinesのデータが含まれる。

出典:IDC

◎関連記事
「2004年の世界パソコン出荷台数は前年比14.2%増,ただし2005年以降は停滞」,米調査
「2004年の世界PC出荷台数は前年比13.5%増の1億7500万台」,米IDCの予測
「2004年の世界PC出荷台数は前年比13.6%増,買い換え需要がけん引」,米調査
「2004年Q2の世界パソコン出荷台数,前年同期比13.3%増の4300万台に」,米Gartner調査 
「2004年Q1の世界パソコン出荷台数は前年比13.3%増」,米Gartnerが予測
「2003年Q4の世界PC出荷台数は前年同期比12%増,米HPが首位奪回」,米Gartner
「米国のIT需要動向,パソコン分野は米Dellが圧倒的に優勢」,米調査
「2006年にデスクトップPCを主に利用する企業ユーザーは45%,ノートPCの1/3はタブレット型に」,米調査

[発表資料(Gartner社のプレス・リリース)]
[発表資料(IDCのプレス・リリース)]