PR

 米PeopleSoftは,2004年第3四半期の決算を米国時間10月21日に発表した。同期の売上高は,前期から8%拡大して過去最高の6億9900万ドルに達した。売上高のうちライセンスからの収入は1億6100万ドルで,前期から24%の増加となった。

 GAAP(会計原則)ベースの純利益は2400万ドル。前期から115%成長した。1株当たり利益は前期の倍の6セントだった。これには,リストラ経費,米J.D. Edwards買収に関する会計上の調整費用などが含まれる。営業利益率は前期の2.2%から5.0%に上昇した。

 プロフォルマ・ベースの純利益は6200万ドルで,前期から22%増加した。1株当たり利益は17セント。前期は14セントだった。営業利益率は13.2%で前期の11.7%から改善した。

 同期は,北米と欧州の両地域においてライセンス収入が2桁成長している。同期は138社の新規顧客を獲得しており,新規顧客からのライセンス収入は,ライセンス収入全体の21%に達した。また,営業からのキャッシュフローは7600万ドルで,同社の現金と投資残高は9月30日時点で17億ドル,売掛金の回収期間は52日だった。

◎関連記事
米PeopleSoft,製造業界に特化したCRMの新版を発表
米Oracle,米PeopleSoftの株式公開買付期限を10月22日に延期,買付額は1株当たり21ドル
米PeopleSoftと米IBMが「最大かつ最重要の提携」,企業向けアプリケーションとミドルウエアを統合

発表資料へ