米3Comは,インドのハイダラバードに研究開発センターを開設したことを,インドで現地時間10月21日に発表した。インドのMARS Telecomとの戦略的提携を通して実現したもので,同センターのディレクタ,Mohan Sayani氏が責任者となる。

 同センターでは,3Com社製VoIP製品向けのソフトウエア開発に取り組む。無線,スイッチング,ネットワーク管理分野に焦点を当てる。

 3Com社音声エンジニアリング部門上級ディレクタのRich Boule氏は,「インドでの研究開発センター開設は,戦略的決定であり,当社の世界的な技術開発の取り組みを補完することになる。現在,インドはインフラのサポートが充実し,雇用環境も良好だ。その上,電気通信ソフトウエアを専門とする豊富な人材が揃っている」と説明した。

 Sayani氏によると,同センターのエンジニアは現在35人。今後12カ月で,スタッフを80人に増員する計画である。

◎関連記事
米UTStarcom,インド最大の通信事業者にバックボーン装置を提供へ
米Avaya,インドの音声通信関連プロバイダに追加投資
米IBMがインドの通信会社と10年間のITインフラ契約,現地でサービスの共同販売も
米Lucentと米Cisco,モバイル事業者向けVoIP製品を共同開発
米Vonage,ブロードバンドVoIPサービスで装置メーカー2社と提携
「サービス・プロバイダ向けルーター/スイッチ世界市場は2007年に85億ドル規模」,米調査
「企業向けルーター市場,評価が高いベンダーは米Cisco」,米調査
「VoIPは今後大幅に普及,通信業界リーダーの約2/3が楽観視」,米調査

[発表資料へ]