PR

 米Time Warner傘下のAmerica Online(AOL)は米国時間10月25日に,米Microsoftのスパム対策仕様「Sender ID」の新バージョンをサポートする意向を明らかにした。AOL社によると,Microsoft社は新バージョンの仕様をインターネットの標準化機関Internet Engineering Task Force(IETF)に同日提出したという。

 Sender IDは,Microsoft社の「Caller ID for E-mail」と,米Pobox.com共同創業者のMeng Wong氏が開発した「Sender Policy Framework(SPF)」を統合した仕様。電子メールの発信元を確認することで,フィッシング,スプーフィング(なりすまし),スパムといった電子メール詐欺の防止を目的とする。

 Microsoft社は,6月にSender IDをIETFに提出した。しかし,IETFの電子メール向け送信元認証技術を検討するワーキング・グループMTA Authorization Records in DNS Working Group(MARID WG)は,Sender IDを構成するMicrosoft社の特許を問題視し,同仕様を標準規格として採用しないことを9月に決定した。

 またAOL社も,Sender IDサポートの撤回を9月15日に発表。その際,AOL社は「当社がすでにサポートを約束している仕様に対してSender IDが下位互換性を備えていない」ことを理由として挙げていた。

 しかし今回,AOL社は「Microsoft社が強化し,新たに提出したSender IDの新バージョンは,当社の懸念をすべて克服していると確信する」として,サポートを表明。AOL社はSender IDの認証実験に参加し,年内に発信元ドメインの確認テストを開始する。

◎関連記事
IETF,米Microsoftのスパム・メール対策仕様「Sender ID」の標準化を否決
米MicrosoftとPobox.com社Wong氏の統合スパム対策仕様「Sender ID」,IETFに提出
米Microsoftの送信者認証技術「Sender ID」にオープンソース陣営が反発する理由
Apache Software Foundationが「Sender ID」をサポートしない姿勢を表明
「スパマーの16%がメール認証技術『SPF』を利用している」,米調査
「Sender Policy Frameworkはスパムには効かないものの,フィッシングには有効」
米国で本格的に始まるスパム対策,しかし大手3社の足並みそろわず
「フィッシング攻撃を仕掛けている組織は5つにも満たない」,米CipherTrust

[発表資料へ]