PR

 米Dellと米Novellが,Linuxカーネル2.6ベースの企業向けOS「Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9」を「Dell PowerEdge」サーバーに搭載して提供すると,米国時間10月27日に発表した。同OSは,2004年第4四半期中に「Dell PowerEdge 1850」「同2800」「同2850」で利用可能とする。

 シングル・プロセサ構成の場合,1年間のサービス/メンテナンス料は175ドル。デュアル・プロセサの場合は269ドル。サポートは,Dell社のサービス部門であるDell Servicesが,Novell社の技術サポート部門の協力を得て提供する。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,Dell社は「Red Hat Enterprise Linux」搭載サーバーも提供しており,年間サービス/メンテナンス料はシングル/デュアル・プロセサのいずれも349ドルという。

◎関連記事
米Dell,中国市場向けに「Red Flag Linux」搭載のPowerEdgeサーバーを販売開始
米Red Hat,大企業向けLinux「Red Hat Enterprise Linux 3」を発表,米Dellなどが対応表明
米Novellと米IBMが提携拡大,eServer製品に「SUSE LINUX Enterprise Server」をプリインストール
米Novell,Linux 2.6ベースの「SUSE LINUX 9.1」を発表
「2004年Q2の世界サーバー市場,出荷台数は前年同期比24.5%増」,米Gartner
「Linux開発者の92%が『自社システムは一度もウイルスに感染していない』」,米Evans Dataの調査
「Linuxを利用する企業は59%,理由は『安定性』『性能』『セキュリティ』など」,米調査より
OSDL,最新カーネルの新テスト・バージョン「Linux 2.6 test9」を発表

[発表資料へ]