PR

 米Webroot Softwareが,企業のスパイウエア対策に関する調査結果を米国時間10月27日に発表した。それによると,70%以上の企業が「スパイウエアに対する懸念が増えている」と回答したものの,製品版のアンチスパイウエア・ソフトウエアを導入している企業は10%未満だったという。

 アンチウイルスおよびファイアウオールについて尋ねたところ,「外部の脅威から守られていると感じる」との回答が96%以上あった。しかし「現在パソコンにスパイウエアが侵入している」という回答者は82%近くにのぼる。さらに3分の1以上は,この6カ月間にスパイウエア侵入が増えたと認識している。

 「包括的な企業レベルのアンチスパイウエア・ソリューションを導入しないと,急速に拡大する脅威によって,企業は生産性の低下や知的財産の漏えいといったリスクに見舞われる。企業が必要としているソリューションは,定義データの更新とスキャンを定期的に行えるよう集中管理できるほか,脅威の正確な内容と場所を把握するための高度な報告機能を備え,こうした脅威を隔離/削除できるツールを持つ製品である」(Webroot社脅威調査担当副社長のRichard Stiennon氏)

◎関連記事
「米国の90%のPCにスパイウエア」,米Dellと業界団体が消費者啓発
「2004年1月~9月のスパイウエア検出,パソコン1台あたり平均26個」,米調査
「多くの企業は,スパイウエアやファイル共有ソフトを大きな問題と捉えていない」,米Secure Computing
2004年上半期のスパイウエア検出総数は5480万個,要注意アドウエアは「CoolWebSearch」
「米国でフィッシングやスパイウエアを使った口座への不正アクセスが急増中」,米調査
スパイウエアを巡って揺れる米国
「コンピュータ1台あたり平均28個のスパイウエアがひそんでいる」,米EarthLink調査
米国で「身元情報の窃盗」被害者が1000万人に。対策はいかに?

[発表資料へ]