PR

 米Linux Networxが,ストレージ機器,管理ソフトウエア,ファイル・システムを統合するLinux用ストレージ・アプライアンス「Xilo」を,米国時間11月4日に発表した。Xiloはストレージ・システムをクラスタ化し,分散しているストレージ機器を単一の大容量リソースとして扱うことで,全体の利用効率を向上させるという。

 Xiloを導入すると,配下のストレージ機器を単一インタフェースから管理できるので,「管理やアップグレードの作業が容易になる」(Linux Networx社)。さらに,組み込みOSの更新,一部ファイル・システムの設定変更作業も行える。

 米Cluster File Systemsの高性能ファイル・システム「Lustre」に対応しており,数1000ノードのコンピュータ接続が可能。記憶容量は数Pバイトまで拡張できる。

 Linux Networx社はXiloの価格や利用可能時期などについて明らかにしていない。

 また同社は同日,4000万ドルの資金調達を決めたことも発表した。

◎関連記事
米IBM,ストレージ管理ソフトウエアの新版4製品を発表
米IBM,ストレージ管理を集約/自動化するスイート「Productivity Center」を発表
米HPが新しいLinuxクラスタ技術を搭載したファイル・サーバーを発表,帯域幅は通常の100倍
米HP,米エネルギー省とLinuxクラスタ向けファイル・システム・ソフトを共同開発
米Red Hatがストレージ仮想化ソフトの米Sistinaを買収,全技術をオープンソース化
「進むクラスタ・システムの導入,69%が利用し,うち66%はLinux」,米調査
「Linuxを利用する企業は59%,理由は『安定性』『性能』『セキュリティ』など」,米調査より
「2004年にはLinuxが高性能コンピューティング市場で勢力を拡大」,米アバディーンの調査

[発表資料へ]