PR

 米Novellが米国時間11月18日に,2004会計年度第4四半期(2004年8~10月期)と通期(2003年11月~2004年10月)の決算を発表した。第4四半期の売上高は3億100万ドルで,前年同期の2億8700万ドルと比べ5%増加した。純利益は1300万ドル(希薄化後の1株当たり利益は3セント)。前年同期の純損失1億900万ドル(希薄化後の1株当たり損失は29セント)から黒字転換を果たした。

 非GAAPベースの調整後純利益は2300万ドル(希薄化後の1株当たり利益は6セント)。前年同期における同条件の純利益は1900万ドル(同5セント)だった。

 SUSE LINUX事業関連の売上高は1200万ドル。「SUSE LINUX Enterprise Server(SLES)」のサブスクリプション収入は700万ドルで,前期から68%増加した。当期におけるSLESのサブスクリプション販売本数は2万1000本だった。

 2004会計年度通期の売上高は11億6600万ドルで,純利益は3100万ドル(希薄化後の1株当たり利益は8セント)。前年度は売上高が11億500万ドルで,1億6200万ドルの純損失(希薄化後の1株当たり損失は44セント)を計上していた。

 Novell社会長兼CEOのJack Messman氏は,「売上高と純利益が大きく成長したことに満足している。Linuxと認証管理分野への取り組みが引き続き好調な結果を出した。特にLinux製品については,当社にとってここ数年にないほどのペースで,顧客が拡大している」と述べた。しかし同氏は今後の課題も指摘する。「2004会計年度は素晴らしい締めくくりとなったが,2005年は新たな再建の年となる。NetWare事業の落ち込みを埋め合わせるために,技術,システム,人材に大幅な投資を行う」(同氏)

◎関連記事
米Microsoft,5億3600万ドルで米Novellと和解
米Novell,NetWareとSUSE LINUXを組み合わせた「Novell Open Enterprise Server」を発表
米Microsoft,NetWareからWindows Server 2003への移行企業に資金援助
「Linuxへの移行を望む企業はまだ少数」,米Yankee Group
オープンソースの法的リスクは誰が背負うのか
米Dell,「Novell SUSE LINUX Enterprise Server 9」搭載サーバーを提供へ
米Novellと米IBMが提携拡大,eServer製品に「SUSE LINUX Enterprise Server」をプリインストール
ターボリナックスなど4社,LSB2.0共通インプリメンテーション作成で団体設立

[発表資料へ]