PR

 米Computer Associates International(CA)はセキュリティ・ソフトウエアを手がける米Netegrityの買収を完了したことを,米国時間11月24日に明らかにした。Netegrity社株主から,同日,買収の承認を得たという。

 CA社は,Netegrity社の発行済み普通株1株につき10.75ドルを支払う。買収総額は約4億3900万ドルにのぼる。

 CA社は,Netegrity社買収の計画を10月6日に発表。規制当局と株主の承認が下りるのを待っていた。

 Netegrity社は,Web/企業アプリケーション向けのアクセス管理ソフト「SiteMinder」のをはじめ,Webサービスのためのポリシー・ベースのアクセス管理ソフト「TransactionMinder」,ロール・ベースのユーザー/アクセス管理ソフト「IdentityMinder Web Edition」,企業情報システムや物理的情報リソースへのIDベースのアクセスを管理するプロビジョニング・ソフト「IdentityMinder eProvision」などの製品を抱える。

 CA社は,Netegrity社の認証およびアクセス管理製品をスタンドアロンとして販売するほか,自社のセキュリティ管理スイート「eTrust Identity and Access Management Suite」にバンドルする。

 CA社に移るNetegrity社の主な幹部は以下の通り。

・エンジニアリング担当バイス・プレジデントのBill Bartow氏。引き続きNetegrity社製品の設計を指揮する。
・マーケティング担当バイス・プレジデントのStephanie Feraday氏。引き続きNetegrity社製品のマーケティングを指揮する。
・欧州/中東/アフリカ(EMEA)Sales and Pre-sales部門バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャのErik Hansen氏。同様の職務を遂行する。
・元CTOのVadim Lander氏。CA社チーフ・アイデンティティ・アーキテクトに就く。
・北米Sales and Pre-sales部門バイス・プレジデントのSteve McLaughlin氏。同様の職務を遂行する。
・元CFOのRegina Sommer氏。CA社COOの首席顧問となり,両社の統合プロセスに取り組む。
・プロフェッショナル・サービスおよびトレーニング担当バイス・プレジデントのRoy Strand氏。同様の職務を遂行する。

 なお,CA社は次期CEOに元米IBMのJohn Swainson氏を任命したことを,11月23日に発表している。CEO引き継ぎは2005年春を予定しており,それまではKenneth Cron氏が暫定CEOを務める。

◎関連記事
米CA,セキュリティ・ソフトの米Netegrityを 約4億3000万ドルで買収
米CA,次期CEOに元米IBMソフトウエア部門幹部のJohn Swainson氏を任命
米CA,元米HP幹部役員のClarke氏をCFOに任命
米CAが人員削減,ほぼすべての部門を対象に従業員800人を解雇へ 
米CA,アンチスパイウエア・ベンダーの米PestPatrolを買収
「評価の高いセキュリティ・ベンダーは米Netegrityや米Symantecなど」,米調査
高まりつつあるセキュリティ管理の重要性
「70%以上の企業が社内のセキュリティ脅威への対策は後回し」,米調査

[発表資料へ]