PR

 オランダのOneStat.comが,Webブラウザの市場シェアに関する調査結果を現地時間11月22日に発表した。それによると,米Mozilla Foundation製Webブラウザの合計シェアは7.35%で,先日リリースされたFirefoxが全体の4.58%を占めた。2004年5月末時点で同社の合計シェアは2.1%だった。最もシェアが多かったのは,引き続き米Microsoftで88.90%。ただし,2004年5月末に比べ5ポイント減少した。

 「ユーザーは,Microsoft社のInternet Explorer(IE)からMozilla社の新WebブラウザであるFirefoxに移りつつあるようだ。Microsoft社が合計シェアを5ポイント落としたのに対し,Mozilla社は5ポイント上げた」(OneStat.com社共同創設者のNiels Brinkman氏)

 ノルウェーOpera Softwareのシェア合計は1.33%,米Apple ComputerのSafariは0.91%。

 Webブラウザ別にみると,IE 6.0のシェアが80.95%で最も高く,5月末の69.3%から11.65ポイント増えた。なお米メディアの報道(TechWeb)によると,Firefox 1.0は2週間前にリリースされたばかりだが,ダウンロード回数は既に560万回を超えたという。

 シェアの高いWebブラウザ・トップ7は以下の通り。

順位   Webブラウザ名         市場シェア
1      Microsoft IE 6.0       80.95%
2      Microsoft IE 5.0        4.18%
3      Microsoft IE 5.5        3.66%
4      Mozilla Firefox 0.1     2.79%
5      Mozilla 1.x             2.77%
6      Mozilla Firefox 1.0     1.79%
7      Opera 7.x               1.29%

出典:OneStat.com社

◎関連記事
Mozillaがシェア急伸,IEはシェアを5ポイント落とす
さらば巨大ブラウザ――Netscapeの失敗が生んだFirefoxの挑戦
米Mozilla Foundation,Webブラウザ「Firefox」のリリース候補初版を公開
米Apple,Macintosh向けWWWブラウザ「Safari 1.0」をリリース
ブラウザ戦争が再燃? MozillaやFirefoxの人気が急上昇
ユーザー・インタフェースを大幅改良したOpera 7.50がリリース
「ブラウザ・ベースの攻撃が新たな脅威として急増中」,米CompTIAの調査より
IEを使い続けるリスクを再認識しよう

[発表資料へ]