PR

 Javaの技術的方向性を定める標準化組織Java Community Process(JCP)のメンバーが,Standard/Enterprise Edition(SE/EE)執行委員(Executive Committee)として米JBossを選出した。JBoss社が米国時間11月22日に明らかにしたもの。同社は,11月30日から3年間,投票権を持つメンバーとして活動する。

 執行委員は,JCPの規定に従って開発されたすべての技術や技術仕様Java Specification Request(JSR)について責任を持つ。具体的には,開発するJSRの選定,公開レビューする仕様案の承認,最終仕様の承認,技術互換キット(TCK)の検討,メンテナンス関連作業の管理などを行う。

 JBoss社のほかに,米Googleと米IntelもSE/EE執行委員となった。任期は,Google社が3年,Intel社が1年。JBoss社と同じく11月30日に活動を開始する。

◎関連記事
Microsoftと和解した今こそSunはJavaをオープンソースにするべきだ
Javaオープンソース化への圧力が強まる--3通の「公開書簡」から
Javaを巡るSunとIBMの争点「Eclipse」とは
米BEA,米Oracle,米Sunなど,Javaツール開発を支援する団体「JTC」を設立
開発ツール・ベンダーが「Eclipse」に熱い視線
Java標準化組織がJava仕様策定プロセスの新版「JCP 2.6」を公開
2003年、エンタープライズJava動向を4つの軸で見る
2003年,Javaはどこまで進んだか――J2EEの最新像をスケッチする

[発表資料(PDF形式)]