PR

 米In-Stat/MDRは米国時間11月29日,侵入防御システム(IPS:Intrusion Prevension System)および侵入検出システム(IDS:Intrusion Detection System)市場に関する調査結果を発表した。それによると,IPS/IDS市場は2003年の5億4100万ドル規模から,2008年には14億ドル規模に拡大するという。「ワームやウイルスの蔓延とサービス拒否攻撃(DoS)の増加などにより,自衛策として購入するユーザーが増えている」(同社)

 市場の成長をけん引するのは,ハードウエア・ベースのネットワークIPS機器となる。ちなみに現在,IPS製品の19%はネットワーク内の重要なセグメントに実装されているという。

 また調査から,IPS製品を購入する際にユーザーが最も重要視するのは,「製品の機能性」「企業責任」「ネットワーク性能の向上」であることが分かった。

 In-Stat/MDR社アナリストのVictoria Fodale氏は,「IPS製品は,攻撃が対象に到達する前にブロックできる未然防止技術だ。また次世代IPS製品は,不正アクセスを防御するほか,悪意のあるコンテンツや,不自然なトラフィック増加といったワームやDoS攻撃の前兆からネットワークを保護できる」と説明した。

◎関連記事
ログイットがイスラエル社製の侵入防御ソフトを発売,「まずはMSPがターゲット」
シマンテック,ライセンス追加でスループットを上げるIPSアプライアンスを発表
「不正アクセスは根元から防げ」――米ISSのGraham氏
「2005年に企業の20%が深刻なインターネット攻撃の被害を受ける」,米Gartner調査
「欧州で流行する“サイバー恐喝”,国内でもDoS対策は不可欠」――米Top LayerのCEO
「2006年にVPN/ファイアウォール市場は42億ドル規模に成長」,米Infoneticsが予測
「侵入検出/防止システム市場,2004年の成長率は20%を超える」,米調査
2004年Q2の侵入検出/防止システム世界市場は前期比4%増収,米Ciscoが首位」,米調査

[発表資料へ]