米DellとオランダのRoyal Philips Electronicsは,ITインフラ供給に関して包括的な契約を結んだ。Dell社が米国時間12月2日に発表したもの。Dell社はPhilips社にハードウエア,マネージド・サービス,およびアプリケーションのパッケージング・サービスを提供する。

 提携のもと,Philips社は,Dell社のデスクトップ・パソコン「OptiPlex」,同ノート・パソコン「Latitude」,同ワークステーション「Precision」を購入する。Philips社が60カ国に抱える7万5000人以上の従業員が対象となるという。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,契約期間は5年で,金額は7億ドルにのぼる。

 「Dell社のハードウエアとサービスを用いた全社的標準化により,Philips社はコスト削減などの成果を得られる」(Dell社Americas部門シニア・バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャのJoe Marengi氏)

◎関連記事
米Dellが米環境保護局と包括購入協定を締結,「ハードウエア処分時に機密と環境に配慮」
「ITアウトソーシングの市場規模は,顧客の分野によって大きく異なる」,米IDCの調査
「ITサービス市場は細分化,ブランド力強化が重要」と,米調査
米HPと独Siemens,医療向け画像管理ソリューションで提携
米Cingular WirelessとフィンランドのNokiaが戦略的提携を拡張
米IBMと米Honeywell,エンジニアリングと技術サービスで10年の提携契約
米HPと米InSiteOneが医療向けソリューションで5年契約
米HP,アイルランドBank of IrelandとITサービス・アウトソーシングで6億ドル規模の提携

[発表資料へ]