PR

 「2004年第3四半期の米国におけるベンチャー資本による企業の評価額は,5期連続で増加して1300万ドルに達した」。米VentureOneが調査結果を米国時間12月7日に発表した。前年同期の評価額は1100万ドルだった。

 同期は,初期段階の投資増加の影響を受け,早期投資と第1ラウンドの投資が630万ドルに達し,2002年4四半期以来の高レベルとなった。第2ラウンド以降の評価はわずかに減少しているが,前年同期よりも高く,第2ラウンドが1250万ドル,それより後が2430万ドルに達した。

 IT関連企業の評価は,1300万ドルで前年同期の800万ドルから増加したが,前期からは多少減少した。半導体企業の価値は4期連続で着実に増加しており,8000万ドルの後半ラウンドの投資を受けている。

 ヘルスケア関連の企業の評価は1430万ドルだったが,前年同期の2020万ドルから低下した。バイオ製薬会社の評価は引き続き低下しており,前年同期の2460万ドルが1250万ドルとなった。初期段階のバイオ製薬会社への投資は,2001年以降最高の1090万ドルに達している。その他にも医療情報システム企業の評価は,前年同期の2000万ドルから2420万ドルに上昇している。

 VentureOne社ワールドワイド・リサーチ担当副社長のJohn Gabbert氏は,「前年後半に新規株式公開(IPO)の門戸が開かれたため,ヘルスケア企業の評価が急上昇した。IT企業でもこれに似た現象が起きている」と説明している。

◎関連記事
「米国のベンチャ投資に増加の兆し」---米調査
「2004年Q3のVC投資による買収/合併,平均取引価格は前年同期比44%増」,米調査

発表資料へ