PR

 米RSA Securityは,2004年第4四半期における同社の業績の見通しを米国時間12月8日に発表した。同社は,同期の業績が10月21日に発表された事前予測の範囲内に収まるとみている。

 売上高は前年同期から12~16%増の7900万~8200万ドルの範囲,希薄化後1株当たり利益は前年同期の0.10セントが同期は0.14~0.16セントの範囲になると見込む。

 RSA社CEO兼社長のArt Coviello氏は,「同期における最初の2カ月の受注率は前期を大幅に上回ったため,前期よりも高い業績を見込んでいる。年次株式総会では,アクセス可能な市場の拡張とこれらの成長機会を完全に捉えるための戦略について議論したい」と述べた。

 同社の第2回年次株主総会「Second Annual Investor Day」は,同社WWWサイトを通じて米国東部標準時間の午前9時よりライブ中継される。

◎関連記事
米AOLと米RSA,AOL会員向けの2因子認証サービス「AOL PassCode」を発表
米RSA,Windowsユーザー認証製品「RSA SecurID for Microsoft Windows」のベータ・プログラムを開始
米RAS,第2四半期決算,売上高は前年比19%増加

発表資料へ