PR

 米MCIが,大企業から中小企業まであらゆる規模の企業を対象とする総合LAN管理サービス「Managed Local Area Networking(LAN)」を,米国時間12月8日に発表した。これまでMCI社が大企業に提供していたサービスをベースとしており,企業ネットワークの性能および信頼性向上を目的とする。

 Managed LAN Servicesは,同社の「Managed Network Services」を拡充したサービス。LANおよびWAN環境の管理業務などを,顧客企業から一部またはすべて請け負う。同サービスを利用すると,「ネットワーク管理業務を簡素化すると同時に,集約型ネットワークの導入が容易になる」(同社)。

 LANを新たに導入する企業に対しては,LAN設計,ソリューション導入,顧客宅内装置(CPE)提供,ネットワーク監視/管理などのサービスを提供する。既にLANを利用している企業には,ネットワーク性能/効率向上を図るための評価作業を行う。

 同社は「他社のサービスと異なり,当社は顧客の求めるサービス内容に応じて3段階のメニューを用意している」と説明する。同社がLANをすべて管理する「Premium」,同社と顧客が管理を分担する「Basic」,同社が監視/通知だけを行う「Monitoring & Notification」の3段階である。

 Managed LAN Servicesは,米国内のMCI WAN顧客への提供を直ちに開始する。

◎関連記事
世界ITサービス市場は2008年まで年平均6.9%で成長,「買収による整理統合が続く」
「中小企業はITサービスに強い関心,ネットワーク関連が人気」,米IDCの調査
「今後3年間で米企業のIT支出は増加する」,米Accentureの調査
「中小企業の2004年IT支出は前年比6.6%増の見込み,大企業の1.7%増を上回る」,米調査
本当に中堅・中小企業のニーズを考えていますか?――“SMBブーム”は安易な姿勢で乗ると失敗する
地方の中小企業が直面するデジタル・デバイド
「2004年のIT支出は中小企業を中心に回復,ただし大企業はいまだ消極的」,米調査
「電話システムのアップグレードを望む中小企業,音声/データ・ネットワーク・ソリューションの導入を検討」,米CompTIAが発表

[発表資料へ]