米Cisco Systemsは,ルーティング・ネットワーク向けソフトウエア・アーキテクチャの開発を手がける,米BCN Systemsの買収を完了した。Cisco社が米国時間12月9日に発表したもの。

 Cisco社は今年9月20日に,米証券取引委員会(SEC)への申請書(10-K)で,BCN社の買収計画を明らかにしていた。約3400万ドルの現金で,BCN社の全発行済み株式を取得する。

 「BCN社のネットワーク・インフラの設計と思想は非常に独自性がある。BCN社の人材がCisco社のエンジニアリング・チームに加わることで,Cisco社は今後もルーティング製品の革新を進めることができる」(Cisco社ルーティング技術グループ,シニア・バイス・プレジデントのMike Volpi氏)

 BCN社の2004年4月に設立され,現在45人の従業員を抱える。Cisco社は,同社ルーティング技術グループにBCN社のチームを組み込む。また,BCN社のアーキテクチャをCisco社のルーティング製品に取り入れる。 

◎関連記事
米Cisco Systems,セキュリティ・ソフト会社の米Okenaの買収を完了
米シスコがエンドポイント・セキュリティ・ソフトの米Okenaを買収
米Cisco Systemsが米SignalWorksを買収,IPテレフォニ市場の優位を強化
米シスコ,SAN向けスイッチング製品の米Andiamoを最大25億ドルで買収へ
「ネットワーク装置ベンダーのブランド認知度,首位は米シスコ」,と米In-Stat/MDR
米Ciscoが企業向けネットワークのセキュリティ向けに12製品を発表
米Cisco Systems,中小企業およびサービス・プロバイダ向けルーターの新製品を発表
「企業のセキュリティ関連支出が増加」,米Vista Researchの調査

[発表資料へ]