PR

 米Novellは,ドイツNetline Internet Serviceのコラボレーション・サーバー「Open-Xchange Server」を販売するとともに,トレーニング/メンテナンス/サポート・サービスを提供する。Netline社が現地時間12月9日に明らかにしたもの。

 Open-Xchange Serverは標準技術をベースとするモジュール型通信ツールで,SUSE LINUX Openexchange Serverのエンジン部分に相当する。これまでSUSE LINUX Openexchange Serverブランドで提供していたが,今後はOpen-Xchange Serverブランドとする。

 オープンソースと独自開発のサーバー/クライアントを統合するコラボレーション・プラットフォームである。電子メール,カレンダ,アドレス帳,タスク,リアルタイム・ドキュメント・ストレージなどのグループウエア機能を備える。一般的なWebブラウザからアクセスし,電子メール,カレンダ,タスク,スレッド化したディスカッション,ドキュメントを共有できる。

 Webベースのインタフェースはすべての主要ブラウザに対応しているので,インターネットに接続すれば,Windows,Linux,UNIX,Mac OS,PalmOSなどクライアントOSの種類に関係なく全サービス/機能にアクセスできる。

 Novell社は,SUSE LINUX Openexchangeのソース・コードをOpen-Xchangeのオープンソース・コミュニティに提供する。Netline社は,Open-Xchange ServerをNovell社の開発者向けプログラム「DeveloperNet」に適合させるとともに,Evolution,Novell Linux Desktop,ZENworksといったNovell社の既存技術に統合していく。

 製品版とオープンソース版を用意する。製品版は2005年第1四半期に利用可能とする予定。オープンソース版はWebサイト(その1その2)で無償ダウンロード提供している。

◎関連記事
独Netline Internet Service,Linuxベースのグループウエアをオープンソースとして公開
独Netline Internet Service,コラボレーション・サーバー「Open-Xchange Server」をオープンソースで提供
米Novell,「Microsoft Exchange Server」との互換性を提供する「Evolution Connector」のソース・コードを公開
米Oracleがコラボレーション・スイートの新版を発表,コンテンツ管理機能を装備
独Siemens子会社,コラボレーション通信ポータル「HiPath OpenScape」の新版を発表
米Microsoftと米Polycom,コラボレーション・ソリューションの共同開発で提携
米Microsoft,Windows Server 2003対応コラボレーション・ソフト「Windows SharePoint Services」を発表
「グループウエア市場は今後数年で大きく成長」,米META Groupの調査

[発表資料へ]